変化の激しい仮想通貨市場。

2017年は仮想通貨元年と言われますが、では、皆が知るところとなった2017年よりも前はどうだったのか?
Howmuchの記事によると、過去5年間、連続でトップ10入りしていたのは、3通貨だけだそうえす。

仮想通貨時価総額トップ10、5年間の推移

Howmuchによると、過去5年間のトップ10ランキングの推移は以下の通り。

上記を見ると、トップ1は変わらずBitcoinですが、それ以下は、結構激しく変わっていますね。
5年間トップ10入りしているのは、Bitcoin、Litecoin、Rippleの3通貨だけです。

時価総額は5年間で驚くほど変化

以下は2014年から現在までの仮想通貨の時価総額の推移です。
2018年1月の下落で半分以上の時価総額を失っていますが、それでも、直近で急速に拡大したことがわかります。

Bitcoin、時価総額で連続5年1位なるも、その割合は約90%から35%に低下

仮想通貨市場の王道、bitcoinですが、5年間連続時価総額1位ではあるものの、状況は大きく変化しています。

以下は、各通貨の時価総額割合。

2014年1月、Bitcoinの時価総額は102億ドルであり、仮想通貨全体の時価総額の89%を占めていました。しかし、2018年1月現在、Bitcoinの時価総額は1,920億ドルに急増しましたが、今では全体の暗号侵害業界の時価総額の33.40%まで急落しています。
ちなみに、本日2018年2月10日現在においては、1506億ドルで、ドミナンス=割合は34%です。

今後も新しい通貨の上場でbitcoinの占める割合は下降線をたどるでしょう

市場の変化が激しさがよくわかりますね。

これから続々新しい通貨が上場を果たしていくことで、bitcoinの時価総額全体に占める割合はさらに減ってしまうのでしょうね。良質な通貨を安く手に入れることができれば、資産を増やすこと可能なので、そんな金脈の情報収集もしてみてはいかがでしょうか。

以下は、私が将来の値上がりを期待して、参加している、クラウドセールです。上場前の早い段階で購入すると、得点付きでお安く手に入れられます。以下は現在私が参加しているICOセールです。興味のある方はご確認を!

コメントを残す