本記事に先立って、下記の記事をアップしました。

この記事で、ビットコインの日足チャートを掲載しましたが、同じチャートを対数チャートで表示されると、なかなか興味深いチャートとなります。2つのチャートを比較してみましょう。

ビットコイン日足チャート

こちらが上記記事で記載した通常のビットコインの日足チャートです。以下を同時表示させています。

・200日線
・2017年9月の暴落を起点とするフィボナッチ線
・一目均衡表

ビットコイン日足”対数”チャート

通常、表示に使うチャートは「何円上下したか」を見るチャートですよね。値が一方的に上昇してきた場合、直近の値幅変動が大きくなり、ものすごく大きく相場が動いているように見えます。

しかし、10万円から1万円上昇するのと、100万円から1万円上昇のとは全く意味が異なりますよね。前者は10%上昇ですし、後者は1%の上昇にしかなりません。

このように、「何円上下したか」ではなく「何%上下したか」を基準に目盛りをとったのが以下の対数チャートです。

以下が、上述のチャートの対数表示版です。

チャート上に1本青色の直線を書き足しましたが、既定の上昇ラインにのっとり上昇しているだけで、今回は行き過ぎて上昇した分の修正下落が入っただけになります。

だとしたら、楽観しすぎると言われてしまうかもしれませんが、この水準からは買い場です。

恐怖の中、買い増しできる人が、相場の世界では資産を築くことが多い

人の行く裏に道あり、花の山

これは有名な相場格言。相場で利益を得るためには、他人とは逆の行動をとらなくてはならないという意味です。

この暴落直後に買うのは勇気のいることです。でも、誰も買えないときに買える人が勝利をつかみます。暴落後は最もリスクが少ないチャンスタイミングです!

今なら、bitbank(ビットバンク)をお勧めします。

手数料も安く、セキュリティに対する方針もしっかり打ち出されています。
仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について

コメントを残す