昨日は、ビットコインも大幅下落な日となりました。相場に悲壮感が漂う感じがありますね。
株式相場では「適温相場は終わった・・・」などと言われています。

チャートでチェックしておきます。

日経平均

昨日の日経225は、大幅反落。心理的節目23,000円を割り込んだことで下げが加速。一目均衡表の雲の上限でなんとか踏みとどまったところです。
ただ、この後の戻りが鈍ければ、次のチャートポイント、2017年9月からの上げ相場のフィボナッチ38.2%戻り、或いは、一目均衡表の雲の下限まで下落してしまうのではないでしょうか。

ビットコイン

ビットコインは、週を開けて200日線を守り切ることができず、再び80万円台に下落しています。現時点では、80万円を守り切れるかわからない状況。これが守り切れなければ、次は2017年9月からの上昇分のフィボナッチ78.6%戻しの73万円が次の下値ターゲットとなりますが、これがだめなら次は60万円まとなってしまいそうですね。
今の水準は、2017年11月上旬の水準で、たかだか3ヵ月しかたっていないのですが、一度、230万円の高値を見てしまっているので、非常につらい状況になってしまいましたね。

中長期的には、買い出動水準だと思っていますが、ちょっとしばらく様子見です。

ちなみに昨日夜は、仮想通貨全般が見るも無残な下げ相場でした。

しばらくは無理な投資は控えて、次の投資先を探りながら、Airdropによるタダコイン収集に励みます。

タダコインをもらおう!「Airdrop情報」

コメントを残す