仮想通貨に興味を持つと耳にする言葉が、「マイニング(採掘)」

例えばビットコインのマイニングとは、分散する取引台帳の承認作業を行うことで新しいビットコインを報酬としてもらうことになります。

では、「JPYマイニング」とは何でしょうか?ズバリ答えを言えば「労働すること」です。

JPYマイニングは「労働してお金をもらうこと」

JPYとは日本円のことですね。働くことで日本円を得ること、労働で対価を得ることを「JPYマイニング」といいます。

サラリーマンで給料を得るのも、アルバイトでバイト代をもらうのもJPYマイニングですね。
私もサラリーマンの一人。JPYマイニングの対価を、仮想通貨の現物投資の源泉にしています。

労働って負け組?

さて、JPYマイニング、つまり「労働で対価を得る」ことに対して、「負け組じゃない?」なんて議論がありますね。

仮想通貨取引を始めて強く思うのは、やっぱり、トマ・ピケティの公式r>gは成り立ち、rとgの差はこれまで以上に拡大しているということです。

金持ちはより金持ちにの公式は、より加速して言える

ここで、フランスの経済学者トマ・ピケティが著書「21世紀の資本論」で示した、格差を端的に表す公式を改めて学んでみましょう。

r > g

r=return on capital:資本収益率
株や不動産などの運用で得られるお金の割合
年平均4~5%
g=economic growth rate:経済成長率
働くことで得られるお金の増加率
年平均1~2%

つまり、お金持ちが株や不動産を運用すると年平均4~5%の財産が増え続けるのに、多くの人が一生懸命働いて得られるお金は年1~2%しか増えない。こうして格差が広がってしまうというわけです。

しかし、流れが速い仮想通貨の世界ではこの年率が恐ろしく高い。1年間で100万円が1億円になりえる世界です。

負け組から勝ち組への仲間入りができるか、どうかを分けるのが、「知的好奇心」と「行動力」と「少ない元資」。
まずは、少額で良いので始めることが大事。時には失敗もします。私もたくさん失敗してきました。しかし、経験・知識は始めることによってついてきます。

始めて仮想通貨取引を始めるならここです。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す