今年こそ、投資を始めよう!と思っても、どんな基準で銘柄を選んでいいかわからないという方は多いはず。そんな方に、超シンプルな単純投資法「ダウの犬戦略」をご紹介します。

「ダウの犬戦略」を用いた年末・年始投資戦略

「ダウの犬戦略」とは。米ダウ工業株30種平均の採用銘柄の中から、配当利回りのいい順に10社を選んで投資し、1年後に売却することを繰り返す投資戦略です。配当利回りが高い=株価が安いと言い換えられます。

1956~2006年の50年間にわたっての平均リターンを比較すると、ダウ全体のリターンを「ダウの犬」戦略は2%以上も上回っています。

これを利用した超簡単な投資方法とは….

その1年間に最も下落した株を調べ、下落銘柄の中から上位5銘柄を選んで翌年の初めに買う。
3割上がるか、下がったら売却。条件に達しなかったときも1年後には売却する。

ただし、あまりに業績の悪い会社は除外するというものです。

もちろん、米ダウ銘柄である必要はなく、日本株に同じ方法を適用させてもOKです。

もう一つ、1月に始める簡単投資法、夕凪式イベント投資

もう一つ、1月に始める簡単投資法です。以下の記事をご参考に!

コメントを残す