メリマンサイクル論とは、アメリカ人アナリスト 「レイモンド A メリマン」氏が提唱する「相場とサイクル理論」のことです。アストロロジー(金融占星術)を相場に応用しており、多くのトレーダーが彼の提唱する重要変化日を意識しながらトレードを行っています。
彼の予測が正しいからか、それとも、その予測に市場参加者が意識するからか、重要変化日前後には相場が大きく変化・加速することが多々あります。

メリマンの重要変化日(今月)

メリマン氏は、フォーキャスト2017を発刊しており、その中で主要通貨/主要指数等の毎月の重要変化日について述べています。

2018年2~3月の重要変化日は以下の通り。

・ダウ        :3月1日, 28日
・日経平均      :2月26日
・米国債券(T-NOTE) :3月26日
・通貨(ドル円)   :3月9~12日, 28日(3月20日~4月2日)
・貴金属(金・銀)  :3月2~5日
・原油        :2月7日
・穀物        :2月23~26日

※重要変化日はその前後3日間も注視が必要

2月は大きな重要変化日がないようですね。

2018年の相場を占うメリマン氏の金融予測本 フォーキャスト2018

レイモンド・メリマン氏が毎年発行している相場の予測書です。多くの方が重要変化日を意識して売買を行っているので、重要変化日を知っておくと損しやすい取引を避けることができます。

フォーキャスト2018

ベテラン度: ★★☆
レイモンド・A・メリマン, 秋山日揺香, 投資日報編集部
投資日報社
本体 7,500円 税込 8,100円 国内送料無料

こちらも投資に役立つ!投資カレンダー2018

株式投資やFXに必要な重要日程や月ごとの市場傾向がカラーでわかりやすく提示、投資の指針となるポイントがカレンダー形式でわかりやすくまとめられている一冊。投資の変化日を意識しながら投資するには非常に役立つ一冊です。

毎日目に留まるカレンダーなので、投資を控えるべき時期、積極投資すべき時期が事前に目に留まるので、自然と投資のリズムを意識した投資が実現できるようになります。むやみに大きなポジションをもって失敗した、積極投資で勝ちやすい時期に資金不足で投資できないといった初歩的な失敗を減らせるのではないでしょうか。

今年は、毎年人気の源太式・行動ファイナンス理論に加えて、『金融占星術』の山中康司氏が為替相場のポイントの日、”相場の福の神”藤本誠之氏が毎月の期待銘柄が紹介し、これまで以上にパワーアップしています。

● 藤本誠之の「銘柄戦略」
メディアで人気の「相場の福の神」が選ぶ半歩先を読む「期待銘柄」を選定

● 山中康司の「FX戦略」
金融占星術をベースにした「アストロサイクル理論」で為替動向を解析

● 大岩川源太の「投資戦略」
“源太流”「行動ファイナンス理論」で市場参加者の投資動向を

投資カレンダー2018 株式・FX・日経平均先物の必勝投資アイテム
大岩川源太, 山中康司, 藤本誠之
パンローリング
¥2,916円(税込)

過去の履歴

2018年1月の重要変化日

・ダウ        :1月8日(前後1週間)
・日経平均      :1月11日
・米国債券(T-NOTE):1月8日
・通貨(ドル円)   :なし
・貴金属(金・銀)  :1月5~8日
・原油        :1月8日(前後1週間)
・穀物        :1月8日

コメントを残す