coincheck(コインチェック)に、ユーザが仮想通貨をコインチェック自身に貸し付けることで貸付手数料が得られる「貸仮想通貨」というサービスがあることをご存知でしょうか。

chami (@poststand)が3ヵ月弱前に始めた歌詞仮想通貨が、間もなく満期をむかえます。

今後も貸仮想通貨サービスを利用するかどうか判断するために、これまでのパフォーマンスを確認してみました。

[おさらい]貸仮想通貨サービスとは

coincheckの「貸仮想通貨サービス」は、ユーザが仮想通貨をコインチェック自身に貸し付けることで貸付手数料が得られるサービスです。長期保有が前提なら、是非とも利用したいサービスです。サービス当初はビットコインしか貸付できませんでしたが、2017年6月16日以降はリップルを除くすべての仮想通貨で利用できます。

貸付期間は4つあり、長期間になるほど年利は高くなります。

期間   利用料
14日間  年率1%
30日間  年率2%
90日間  年率3%
365日間  年率5%

私は、ビットコインだけ、ガチホを前提に本サービス、90日間(年利3%)で貸し出しています。

coincheck公式サイト

3ヵ月でどのぐらい増えた?

さて、chamiが貸仮想通貨サービスを利用し始めたころのビットコイン価格は65万円前後。現在は170万円前後です。

仮に、ビットコイン10BTCを年率3%で90日間貸出した場合、 3ヵ月間の貸出利息は以下のようになります。
[1BTC] × [0.03] × [90日間] ÷ 365 = 0.00739726BTC

これに現在のビットコイン価格170万円を適用すると、利益は円換算で12,575円。

もし、10BTCを貸し出していたなら、125,753の利益。これは大きい利益ですね。

ただ、3ヵ月間、ガチホ(ほったらかし)にしただけでこれだけの利益が出ているなら、十分な利益となりますね。上昇すると売ってしまいそうになる、グリップの弱い人にはお勧めです。

coincheck公式サイト

2018年もビットコインは上昇と予測するので、再び貸出し、複利で増やす!

Chamiは2018年のビットコインは、時折、恐ろしいまでの急落を経験しながらも、上昇していくと考えています。2017年ほどの上昇率は期待できないと思いますが、その分、単価そのものが大きくなっているので、上昇率は少なくとも額面ではかなり増えるとの予想です。また、売却すると大きな税金も徴収されることになります。

故、これまで通り、ビットコインガチホの戦略は変わりません。

よって、貸仮想通貨サービスの利用も継続します!

サービス再継続すれば、結果的には、複利での運用となり、さらにたくさんの利息が付くことになりますね。

他の通貨も貸株口座に回すかはちょっと悩みますね。リップルが申し込みができれば即申し込みをするのですが、リップラーはリップルの将来を信じてガチホしている方が多いようで、借入上限を超える貸出申請があるため、申し込めないのが残念です。

coincheck公式サイト

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す