価格高騰で口座開設者が増加している仮想通貨市場。

仮想通貨への資金流入は世界的な流れですが、日本人で2017年中に取引を始めた人も、国内取引所で取り扱う通貨では満足できず、海外仮想通貨取引所に口座を開設する人が増えていると実感します。

そんな登録者急増に耐えかねて、1月以降、新規申込みを一時停止する海外取引所が出てきています。私がオススメしていたBinanceもその一つです。
Binance
Cryptopia
bittrex
coinexhange

いずれも、登録者急増に伴うインフラ整備(システムやセキュリティ増強など)が原因と思われますが、どちらも取引所も再開のめどが立っていないのか、再開日についてはアナウンスされていません。

2018年、草コインをはじめ、国内取引所では取扱いのない通貨も取引をしていきたいと思っている人はどうしたらよいでしょうか?

心配しないでも大丈夫。まだ、候補となる取引所はあります。
しかし、今の状況を見ていると、受付停止となる可能性もないとはいえませんね。

【おさらい】世界の仮想通貨取引所の現状

まずは、国内外の取引所をおさらいしておきましょう。

国内大手取引所
国内大手取引所を3つ上げるとすれば、以下でしょう。
BitFlyer
coincheck
Zaif

海外大手取引所
同じく、海外大手を3つ挙げるなら以下でしょう。
ただし、bittrexは新規申込停止、Poloniexは昨年12月に身分証明(KYC)を行わないアカウントを停止するなど、ユーザー登録プロセスを強化しています。
bittrex :新規申込停止
Poloniex
Bitfinex

日本人が海外取引所を利用時の最大のネックは「言語」&「即行動」

さて、日本人が海外の取引所を利用するときの最大のネックは、言語(英語/中国語)
Google翻訳などを利用すればかなり克服できるといっても、多くの方は英語が大きな障壁となって、仮想通貨市場盛り上がりの初動を逃してしまったのが事実です。

そんな中、救世主のごとく現れたのが、取引所開設が浅いものの、急速にユーザを増やし最大手に上り詰めたBinance。日本語対応、上場銘柄数も多く、草コインも取り扱いがあることで、本当に重宝する取引所です。

しかし、ここにきて、新規申し込み凍結です。。。

仮想通貨取引を始めて、いろんな意味で、「即行動」が大事だと感じます。
とにかく動きが早い。動物的な「感」で「これが面白い!」「期待できる!」と思ったら、まず、初動を起こさなければ、大体、乗り遅れるか、チャンスを失います。私も、後で…と思って逃したチャンスは多いです。

日本人は最初のアクションに慎重になりすぎるところがあります。取引量などを見ると一度足を踏み入れると相当なギャンブル好きであることがわかるのですが、とにかく、周りの様子を見てから行動します。これでは仮想通貨界隈ではチャンスを失いがちです。

まだある!日本語OKな草コイン取引所

さて、本題です。

では日本語で取引ができる海外取引所はないのか?

第2のBinance(バイナンス)とも言われる香港の仮想通貨取引所Kucoin(クーコイン)なら、日本語でも取引可能で、草コインも豊富です。

以下のページに以下をまとめているので、興味がある方はチェックしてください。

・Kucoinの特徴
・口座開設の方法
・データのみで選んだ、投資対象草コイン候補

Kucoin(クーコイン)公式サイト

コメントを残す