今年になって29円で底をつけたと思ったトルコリラ円
その後、9月に32円まで上昇するものの、トルコと欧米諸国との緊張の高まりを背景に資金が流出とエルドアン大統領の国内低金利誘導圧力に最安値をさらに更新し、28円まで下落。トルコ中銀が利上げ以外のあらゆる手段を使ってリラ防衛を試みていますが、一気に戻すには至っていません。

先週末までのチャートでは、一旦、最安値28円から反発しました。個人的には高金利通貨で時間を味方につけた積立投資を始めるなら悪くない時期だと考えます。

短期的な次の上昇ターゲットは

以下は、トルコリラ円の日足チャートです。
政局不安定で、トルコリラは下落をしていますが、先週末は最安値28円から28円台ミドルまでは戻しました。今後リラ相場が反転上昇するには、トルコ中銀によるリラ安抑制策が奏功することに加え、問題の元凶でもある欧米諸国との関係改善が図られることが求められます。

仮に上昇するなら、一目均衡表からみる次の短期的な上昇ターゲットは23.8%戻しの29円。それを抜ければ約半値戻しの30円といったところでしょうか。今週、どこまで戻せるかが注目です。

今からトルコリラ投資を始める人にとっては、この水準はは高金利通貨の金利狙い投資の買い場とみる

週足チャートで見ると、日足チャート以上に、どれだけトルコリラ円が下落をしてきたかがうかがえます。

25円ぐらいまでのドローダウンを想定し資金管理をする必要はあると考えますが、この水準まで下落したなら、ここからは踏ん張りどころ。今の水準なら、高金利を得ながら時間を味方につけて投資をすることを考えれば、参入するのに悪くない水準だと思います。

私は、29円台に多くを仕込んでしまったので、現在は、為替損の方が金利収入を上回っていますが、ここで損切りをするつもりはありません。資金管理をし、ドローダウンで口座が破たんしないように管理しながら、プラ転するのを待ち続けます。
特に、これから時間を味方につけてトルコリラ円の積立投資を開始するなら悪くない水準と考えます。

これだけ下落すればドローダウンも少ない。高金利通貨投資を手掛けるなら始めやすい水準

一方で、これからポジションを持とうと思われている型はかなりお買い得だと思いますよ。
小さなロットから始めると、底値仕込みのよいポジションとなるのではないでしょうか。

1日当たりのスワップが大きい以下の口座を使うとスワップ金利の貯まりもはやいです。

1位GMOクリック証券【FXネオ】
2位:FXプライム by GMO

不安な方は一気にポジションを持つのではなく、積立FXを行いましょう。一度に大きな額を投資するのではなく、例えば毎月月末に1万円、2万円といった額を積み立てればいいですね。
どちらもトルコリラ円28円なら、1万通貨、12000円以下の証拠金で始められます。

FXプライム

“高金利通貨トルコリラ円、最安値28円から反発。さらなる下落もあり得るが、積立投資を始めるなら買い時と見る” への1件のコメント

  1. 月足で見るとまだまだ一直線に下がりそうな相場ですが、なぜ今トルコリラの大底だと考えるのでしょうか?
    よろしければ教えて頂きたいです。

コメントを残す