本日は、ビットコイン・アルトコイン祭りがもろくも終了し、激しく下落の仮想通貨相場。

Chamiは、2017年、何度も大幅下落を繰り返しているので慣れっこですが、直近の参入者にはガクガク、ブルブルな下落ですね。

狼狽売りや、損失が出たところでのナンピン買いは最悪です。

Chamiの大幅調整下落に慣れっこも危機感低迷でよくはありませんが、下落後を含めた売買戦略があるかないかで、その後の成果には大きな違いが生ずると考えています。

ビットコイン急落に伴うChamiの対応

Chamiの運用スタイルはガチホ、下落時に買い増し方針なので、今回のビットコイン・アルトコインの下落局面において資産売却はしていません。

臨機応変に売却・購入ができるともっと資産を伸ばせていると思いますが、
・少なくとのあと1,2年は上昇すると予測
・今、ポジション売却すると、今後、再購入するのに度胸が必要となり
 同じポジション量を買うことができない(臆病)
・早い動きについていくのが苦手
のため、そのままにしています。

各通貨の下落状況(2017年12月22日午後現在)

以下、私のポートフォリオで主流をなすコインのチャートを、今後の下落時対応の備えとして掲載しておきます。

ビットコイン

ビットコイン・キャッシュ

現在はビットコイン同様、ピークアウトし激しく下落していますが、もう少し直近の値上がりを加味すれば、以下の記事の通り、ロジャー・バーの発言により、ビットコイン・キャッシュを追加購入していた点が幸いしました。
本音はもっと買い増しておけばよかったという気持ちもありますが、タラレバにすぎません。

今後は、おおよそ、以下のような関係性をもっていくのではないかと考えるます。
ビットコインの最高値=ビットコイン価格+ビットコイン・キャッシュ価格+その他ハードフォークコイン
現在、ビットコイン価格:ビットコインキャッシュ価格=4~6:1ぐらいと思いますが、今後はビットコイン・キャッシュの比率が増加すると考えます。

基本的には買い増すにしてもビットコイン・キャッシュ>ビットコインとする予定です。

リップル

今後、Chamiの仮想通貨資産額がどう変動するかわかりませんが、現在、資産額の下落が市場変化より少なく済んでいるのは、リップルのおかげです。

メム

こちらも下落していますが、これまでの上昇の恩恵が大きいです。

イーサリウム

上記に同じで、ピークアウト。どこまで下落するかに注目。下落するなら買い増しも考えたいです。
私の場合、夢買い投資としてICOのクラウドセールに参加しているため、ちょこちょこと、ETHが減ってしまうため、補充買いです。

コメントを残す