この時期になると、気になる来年の相場観。
アノマリーの一つともいえる「干支と相場格言」から、2018年はどのような相場が予想されるか見てみましょう。

干支と相場格言

干支にまつわる相場格言は以下の通り。

干支 格言 パフォーマンス                   
子(ねずみ)繁栄
丑(うし)つまずき
寅(とら)、千里を走る
卯(う)跳ねる
辰巳 辰巳(たつみ)天井
午(うま)尻下がり
未(ひつじ)辛抱
申酉 申酉(さるとり)騒ぐ
戌(いぬ)笑う
亥(いのしし)固まる

来年2018年は、「戌(いぬ)年」で、相場格言は「戌(いぬ)笑う」です。
2015~2016年は「申酉(さるとり)騒ぐ」で騒々しい展開となりましたが、格言通りになれば、2年間の騒がしい相場展開を受けて「笑える上昇相場」となることになります。

2017年株式相場を振り返り

振り返りはチャートをチェックするのが早いですね。

2017年の株式相場

1月開けて早々に相場は下落。4月17日に最安値18224円まで下落しました。
その後、初夏にかけて上昇するも、2万円近辺で膠着。
一度、9月に200日線水準まで下落しましたが、その後11月9日の最高値23382円まで上昇し、その後、23000円前後で膠着が続いています。

2017年の仮想通貨相場

「騒ぎ」の本命だったのは仮想通貨。
年初12万円前後だった価格が、最高値を付けた12月8日には231万円まで上昇。19.25倍になりました。

現在のビットコイン価格が180万円と仮定すれば、年初にビットコインに672万円(=12万円×56BTC)を投資しただガチホしていれば「億り人」になれたことになります。

う~ん、夢ありすぎ。なんでもっと買っておかなかったんだ、とタラレバ後悔してしまいますね。

でも、Chami自身は仮想通貨は来年も「笑う」一年になるのではないかと楽観視。FXや株式はそこそこに、来年も仮想通貨に資金投入します。

2017年、投資カレンダー・投資手帳

有名な2つの投資カレンダーです。投資のお伴に有効に活用し、投資成績UPを目指しましょう!

投資カレンダー2018 株式・FX・日経平均先物の必勝投資アイテム
大岩川源太, 山中康司, 藤本誠之
パンローリング
¥2,916円
FOREX NOTE 2018 / 為替手帳 (黒)
エイチスクエア株式会社
¥2,138(税込)

コメントを残す