本日12/18、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)にビットコイン先物が上場します。
これを意識してか、最高値230万円を付けて急落したビットコインが再び最高値圏に向けて上昇してきています。

今週は、12/18のCMEのビットコイン先物で、大口投資家がどのような動きを見せるかに注目が集まります。

ビットコインは再び最高値圏へ

再び、最高値圏に向けて上昇しています。CMEでビットコイン先物上場を受けて、どちらにトレンドが出るか、注目が集まります。

ビットコイン先物スケジュール

2017/12/10 CBOE(シカゴ・オプション取引所)
2017/12/18 CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)
2018年前半 Cantor Fitzgerald & Co.
2017年前半 ナスダック証券取引所

12/10に米国発でCBOE(シカゴ・オプション取引所)にビットコイン先物が無事上昇しましたが、本日12月18日はCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)にビットコイン先物が上場します。

CBOEとCMEを比較すると、注目度が高いのはCME。故、12月18日の上場後のビットコイン価格に注目が集まります。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコインとビットコイン先物

では、なぜ、ビットコインの先物が重要なのでしょう?

それは機関投資家など大口投資家が重要視する、現物投資に対するヘッジが容易に行えるようになるから。ヘッジの手段ができることで、これまでビットコイン投資を手控えていた投資家が参入、つまり、ニューマネーがビットコイン、さらに広がりをもって仮想通貨市場に流入していることが期待できます。

ビットコインと金

ビットコインはデジタルゴールドの名のごとく、金のような存在として、金と比較されることがあります。
金は、リスクが高まったときに上昇するという特徴があります。それ故、金は経済不安・地政学リスクの高まりなどで下落する株式などのヘッジ資産として重宝され、ポートフォリオに組み込まれてきました。

ビットコインも、北朝鮮リスクなど地政学リスクが高まるときや政情不安の高い国から資金が流出するさいの逃避先となる現象がみられます。

このようなことから、従来、金や銀などで運用をしてきた個人投資家が、ビットコインなどの仮想通貨に資産を移す動きが出ていましたが、ビットコインのヘッジの手段が整ってくると、大口投資家においても資産の一部をビットコインに移動させる動きが出てくるのではないかと考えます。

CMEの値幅制限

200万円越えのビットコインが一日に10%動くのも何らおかしくないといった状況が続いていますが、ビットコイン先物では、相場が前日終値より7%、13%、20%上昇、もしくは下落した場合発動するそうです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す