相場に焦りは禁物。
上昇しているところで、あわてて飛び乗ったり、急落しているときに焦って売却したりすると、相場に勝つことはできません。
デイトレ、スキャルピングで飛び乗ったり飛び降りたりしても資産がしっかり増えるのは、トレードがうまい、極々一部の人だけです。

では、素人は相場で勝つことはできないの?

そんなことはありません。
時間を味方につけて、焦らず、暴落時に買えばいいんです。寝て待つ投資です。
仮想通貨投資の場合、株式やFXもように時間をかけずとも、1ヵ月後には資産が増えています。そのぐらい、ニューマネーが流入していります。

暴落を怖がるな。今こそ仕込め!

仮想通貨の下げは、一度起こると尋常でないぐらい急速です。しかも、すべての銘柄ががっつりと下落します。

しかし、大暴落直後に、また暴落したらどうしようと、怖がったらダメ。

今こそ、口座に資金をがっつり入れて買うべきです。

皆が怖い!と思っているときこそ、買い向かいましょう。2ヵ月後には口座残高を見てニコニコできると思います。

ちなみに、私は今回、私は十分な資金が口座に事前に用意できていなかったため、クイック入金対応(手数料なし)のQUOINEXで以下を買い増しました。
・BTC
・ETH
・BTC
・QASH

取引所のZaifがクイック入金でネットバンキング振り込みができないのは非常に残念でした。

過去に私が暴落時にとったシンプルな売買戦略

でも、今、何を買ったらいいの?

特に新しく仮想通貨に参入された方は、何を買ったらいいかわかりませんよね。

そんなあなたにヒントとなる売買戦略を一つ。

以下は、私が、過去の暴落時に買い増しのためにとったとてもシンプルな戦略をまとめた記事です。

概要:Coincheck銘柄全部買い戦略

要点をサクッとまとめると、どの通貨が上昇するかは誰もわからないから、取引所coincheckが取り扱う銘柄を全部買ってしまおうという何ともシンプルな作戦。

現座のコインチェック銘柄は以下の通りです。

1. Bitcoin (ビットコイン/BTC)
2. Ethereum (イーサリアム/ETH)
3. Ethereum Classic (イーサリアムクラシック/ETC)
4. Lisk (リスク/LSK)
5. Factom (ファクトム/FCT)
6. Monero (モネロ/XMR)
7. Augur (オーガー/REP)
8. Ripple (リップル/XRP)
9. Zcash (ジーキャッシュ/ZEC)
10. NEM (ネム/XEM)
11. Litecoin (ライトコイン/LTC)
12. DASH (ダッシュ/DASH)
13. Bitcash (ビットコインキャッシュ/BCH)

coincheck公式サイト

投資資産配分はどうするか?

当時、資産の分配は悩んでも答えは出ないので、非常にシンプルに以下のよう設定しました。

ビットコイン:イーサリウム:その他アルトコイン=50%:25%:5%(アルトコイン毎)

きっちり10万円、1万円といった買い方をするのは大変なので、おおよそ上記割合で、キリよいポジション数にしての購入です。

思い入れのある銘柄があればそれを手厚く資産分配するのもいいですし、今はビットコインが高いので、ビットコイン以外のアルトコインをすべて一律2万円、5万円、10万円っていう買い方だっていいと思います。

投資戦略とすらいえないほどの買い方ですが、数か月すると、それぞれ上昇率に差が生じ、「やっぱりどれが上がるかわからないのですべてに投資しておいて正解だった!」と思えることでしょう。

coincheckは銘柄を一度にたくさん仕込みたい初心者には利用のしやすい口座です。
現在は、出川哲郎さんのCM効果もあり、新規参入者も多いので、Coincheck銘柄は買われやすい地合いにあると考えます。

coincheck公式サイト

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す