昨夜、猛烈な暴落に襲われた仮想通貨市場。
ビットコインは12月8日につけた最高値231万円。そこから、昨夜131万円まで下落しました。

ビットコインは最高値から100万円下落で反転

上述の通り、ビットコインは12月8日につけた最高値231万円。そこから、昨夜131万円まで下落しました。
ある意味、わかりやす~。最高値から100万円の下落で反転ですね。
暴落中はどこまで落ちるか皆目見当つきませんが、結局は、「100万円下落すれば、もうそろそろ反転じゃないの?」みたいな、人間の思惑が色濃く反映された結果と言えるでしょう。

※下記チャートは23日12時40分ごろキャプチャー

11月30日の暴落時の教訓

以下は、11月30日の仮想通貨暴落時の教訓をメモしたブログです。11月30日の下落は上記チャートで見ると、暴落にも見えませんが、その当時は、結構インパクトがある下落(後の急反発)が起こりました。

上記ブログで指摘したポイントは以下の通り。今回も同じことが起こっていますね。5は自分自身のことですので省くとして、後の4つは今回の暴落でも結構当てはまっていますね。

1.すべてはビットコインから ◎
2.暴落率は現在値の30~40%ぐらいを警戒か? △
3.アルトコイン祭りが始まると、暴落は近い ◎
4.ヘッジファンドなどの大物投資家、AIトレード、FXトレードなどの盛り上がりで、
 フラッシュクラッシュが起こりやすい ◎

5.自分の変化。ビットコインが高くなりすぎて、合理的な行動がとれなくなっている

以下、いくつか補足します。

すべてはビットコインから

これはもう少しで再底に到達しそうな地点での、coincheck銘柄の下落っぷりの様子。
ビットコあにぃに引きずられて、みんな急加速で落下中です。

そして、以下は、ビットコあにぃが少し反転したときのチャート。他のアルトコインも、暴落止まった?と反転し始めています。
そうです。暴落時の相場は、暴落も反発もすべて「ビットコあにぃ」次第です。

今回の暴落は、上昇幅の60%弱押し

今回の暴落は、上昇幅の60%ぐらいで大きめ。
でも、フィボナッチで50~61.8%の間までの下落って、今年、数回起こっているんです。
以下の記事はその時の記事をピックアップしたものです。

Chamiは、約60%の下落で過去に何回か買い増しに成功していたので、今回、この下落を見届けてビットコインを買い増しました。

でも、過去成功のビットコインの水準は価格が30万円とかです。これ、今年の話だとは驚きます。
当時と同程度の資金を買い増し資金として用意していても、買えるビットコイン量は大したことありませんね。今回は、資金が用意できず、買い増し分としては不十分な量でした。。。

これが今回の反省です。
アルトコイン祭りが始まったら、新規資金の入金とプラスして、少しはアルトコインを売却をして、資金として備えた方が賢そうですね。
反省~。今後のトレードに活かしたいです。

資金不十分でもビットコインを買い増した理由

では、ほかの購入価格が安いアルトコインを買う選択肢もあったのでは?と思いますよね。

それは、なぜ、ビットコインを買ったか。

ビットコインの反転は他の通貨に比べて「手堅い」から。他のコインはたまに、期待したように上がらないことがありますが、ビットコインは期待を裏切らず反転してくれると考えて、正攻法でビットコインを購入しました。

投資で大事なことは、「退場しない」こと

私は今回の暴落で、一時、仮想通貨のピーク資金の35.5%以上、資産が減りました。しかし、その一瞬を過ぎて、仮想通貨相場が下落から上昇に反転したため、23日10:00時点、買い増し分は考慮せずとも、-12%ぐらいの水準まで資産が戻っています。
確かに12%のマイナスは大きすぎます。でも、仮想通貨FXは行っていないため、ロスカットで退場という事態には陥っていません。FX取引をして買いポジションを持っていた人の中には、昨日の急落で起きて口座を開いたら、資産が残っていない…という方もいらっしゃるはずです。

市場をよく理解した、トレードのうまい方がFXトレードをする分には問題ありません。しかし、初心者は相当に危険なトレードです。

ロスカットで完全に資産を失ってしまうと、もうその失った資金を取り戻すことはできません。追加資金で勝負できる人はいいですが、ない人は悲惨です。相場から退場するしかありません。ロスカットにならなければ、仮想通貨の場合は、経験則的に、急速に資産が回復することが多いです。

Chamiは一旦落ちるところまで落ちると、再び上昇トレンドに入っていくと思っているので、時間がどのぐらいかかるかわかりませんが挽回できると楽観的です。そのうち、仕掛けておいたICO銘柄なども上場してくるので、それらも資産の加算に役立つと考えています。ICOなら一口数千円~数万円で始められます。

ちなみに今、個人的に注目しているICOは、現在50%割引でトークンセール中のTokenPayと、本日上場したNAGAコインです。

コメントを残す