当初は12月1日に分裂と報じられていたビットコインプラチナ
その後、12月12日に分裂と公式ページで発表されていましたが、その後、再び、以下のTwitterの通り、「重大な問題が発覚したので、分裂は50000ブロック目になる」と発表。

しかし、この話には続きがあり、以下のニュースの通り、詐欺であると報じられるに至っています。

ビットコインプラチナは詐欺と判明【フィスコ・ビットコインニュース】 2017年12月11日

ビットコインプラチナという12月10日にビットコインから分裂することをアナウンスしていた仮想通貨が、韓国の10代少年が空売り目的で語った詐欺だったと報じられている。

同コインは開発者やマイナーなどの詳細を明らかにしていなかった他、ビジョンもビットコインキャッシュをほぼコピーしたものだったことから、信頼性を疑問視する声が一部で上がっていた。

今後も、多数のビットコイン分裂が続くが、信頼性に疑問が・・・

今後も12月~1月にかけて複数の通貨がビットコインから分裂する計画となっています。

2017年12月15日頃:スーパービットコイン
2017年12月23日頃:ライトニングビットコイン
2017年12月31日頃:ビットコインウラン
2018年01月02日頃:ビットコインキャッシュプラス

今回のような騒動があると、単に一儲けしたいと考えるグループなどが仕掛けた詐欺が他にもあるのではないかと、信頼性に疑念が生じるのは必須。
現時点では、すでに複数回のフォークが実施されいることもあり、ビットコインキャッシュ(BCH)の時と異なり、だんだん、分裂に伴うタダコインコインへの期待も薄れています。

ビットコインホルダーとしては、分裂によるコイン付与に期待したい気持ちもありますが、期待しすぎないようにすることが重要そうですね。

個人的には大手仮想通貨取引所のcoincheckが、12月10日に「フォークに問題がなければ新コインを付与するよ」と発信していたのに残念です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す