ビットコインの価格上昇が止まりません。
11月12日にビットコインが60万円まで下落、11月29日に100万円を割り込んが瞬間があったことも忘れ、140万円越え。ついこの間100万円突破!といっていっていたら、もうすぐ150万円に到達しそうな勢いです。

日本でもビットコイン先物の上場の可能性

現在の拍車をかけているのが、米国のCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)やCBOE(シカゴ・オプション取引所)、ナスダックなどによるビットコイン先物の上場予定。さらには、日本でも、「くりっく365」などで知られる東京金融取引所も上場を検討しており、ビットコイン先物が上場することによる従来からの株式/先物の大手投資家のビットコイン市場参入が期待されています。

特に、日本は世界的に見てもビットコインの取引量が多いので、取引が活発に行われる期待が高まります。

上がるから買う。買うから上がるが継続していて、このままの上昇ペースなら200万円も夢じゃないと思えてきますね。

ビットコイン・プラチナも12/12ごろハードフォークにより誕生予定

突然出てきたと思ったら、フォーク当日数時間前にフォークの延期を行ったビットコイン・プラチナムも12月12日の誕生が期待されています。
サイトには、まだどこの取引所に上場するかのリストは掲載されていませんが、仕様の詳細は以下の通り掲載されました。

特徴をまとめると以下のようになります。

・498533ブロックでフォーク(2017年12月12日に分裂予定)
・セグウィット2Xを搭載し、送金速度と手数料の改善をする
・GPUでの採掘が可能
・プレマイニングをしないことで平等化
・1BTCあたり1BTPを付与

以下は再掲ですが、その他コインもフォーク予定なので、気に留めておきましょうね。

ビットコインダイアモンド(11月24日頃)【済】 
ビットコインプラチナム(12月12日予定)
スーパービットコイン(12月17日前後)
ビットコインウラン(12月31日予定)
ビットコインシルバー(12月予定)
ビットコインキャッシュプラス(2018/1月)
ビットコインアンリミテッド(不明)

ただコインが早く手に入る可能背が高い仮想通貨取引所

コメントを残す