12~1月にかけて複数回発生するビットコインのハードフォーク
分裂時にビットコインを所有していても、新コインが獲得できるかどうかは、仮想通貨取引所の方針によります。

取引所の中でも、早期に新コインが受け取れると注目されているのが、Binance(バイナンス)

本日口座を確認したところ、フォーク誕生コインのSuper Bitcoin(SBTC)とBitcoinXが付与されていました!

まずはおさらい:今後のハードフォーク

今後も12月~1月にかけて複数の通貨がビットコインから分裂する計画となっています。

2017年12月13日 :Super Bitcoin(スーパービットコイン)  ※配布済み、SBTC
2017年12月13日 :BitcoinX(ビットコインエックス)  ※配布済み、BTX
2017年12月25日頃:Lightning Bitcoin(ライトニングビットコイン)
2017年12月25日頃:Notcpom God(ビットコインゴッド)
2017年12月31日頃:Bitcoin Uranium(ビットコインウラン)
2018年01月02日頃:Bitcoin Cash Plus(ビットコインキャッシュプラス)

ネーミングを見ても、まるでジョークのようです。
ちなみに、2017年12月12日頃と言われていたLightning Platinum(ビットコインプラチナム)は高校生によるいたずら(詐欺)でした。

正直、すべてのコインが無事分裂→コイン付与されるかわかりませんが、もらえるチャンスを手に入れなくてはだめですよね。

ハードフォーク分裂コインの付与は取引所により対応異なる

上記の通り、どんどん分裂するなら、タダで新コインを手に入れたいのですが、フォーク対応は仮想通貨取引所によってバラバラ。また、付与されても、付与されるまでのスピードが取引所によって全く異なります。だからこそ、基本付与方針で、しかも、付与スピードが速い取引所にビットコインを預けておくことが大事です。

上記点から、優れた取引所がBinance(バイナンス)

バイナンスは今後すべてのハードフォークに対応すると明言しているので、私は、12~1月はBinanceにビットコインを預けて置く予定です。

以下は、昨日夜の私のBinance口座を一部切り出したものですが、直近、ハードフォークで2つの通貨が付与されています。

Super Bitcoin(SBTC)の付与はビットコインと同数、一方、BitcoinX(BTX)は、ビットコインの10000倍の数量のコインが付与されています。2017年12月14日時点では、両方とも価格未定です。

Binance(バイナンス)口座開設

ところでBicoinXってなんの通貨?

BCXは、ブロック498888で分裂して誕生したBitcoinXです。

ゼロ知識証明とスマート契約の組み合わせることで、DPOSコンセンサスによりBitcoinXネットワークの信頼性が期待でき、将来の社会に本当に適した理想的なBitcoinネットワークを構築できると、サイトには特徴が述べられています。

Binanceに口座を持とう

Binanceは開設から5ヵ月で世界4位の出来高を誇る取引所です。
トレード画面がわかりやすく、手数料が破格! 取扱銘柄も多く、特に、新しい上場銘柄の取扱いスピーディーに取り入れてくれます。さらに、Binanceが主導するICOまであるので、決して持っていてそんのない取引所です。
日本の取引所にはない、多数のメリットが享受できますよ。

詳細は以下の記事にてご確認を!
Binance(バイナンス)口座開設

コメントを残す