月に数十件というハイペースで行われているICO(Inital Coin Offering)
2017年になって、爆発的に増えていることはわかりますが、どのぐらいかは想像つきませんよね。

12018年11月30日時点の結果を示したのが上記画像ですが、増え方までわかるアニメーションがありましたのでご紹介です。

直近4年間のICOヒストリー

是非、ご確認いただきたいのが以下のアニメーションです。
時系列、どのエリアでどのぐらいの規模のICOが行われてきたのかが視覚的にわかります。

Four Years of Initial Coin Offering

地域別、大型ICOはこれだ

上記アニメーションを見ると、ICOが最も多いのはヨーロッパ。
各エリアごとに以下の案件が資金を集めています。日本で最も有名なICOはCOMSAだと思いますが、まだまだ勉強不足の私には、世界の大型ICOですらたくさん知らないものがあります。

エリア ICO 調達額
ヨーロッパ   Tezors    $236M
Polkadot $121M
Status $109M
北アメリカ Filecoin $257M
EOS $200M
Paragon $183M
アジア QASH $112M
COMSA $96M

なお、アジア圏については、直近では、QASHもCOMSAも大きく上げています。

以下、QASHの上げの理由について数日前に書いたものです。
ICOはCOMSAだけじゃありません。ICOで大きく資産を増やしたいとお思いなら、是非、ご確認くださいませ。

コメントを残す