先週末、以下の記事を書きました。

トルコリラ円は28円まで下落し、キリのいい値まで下落したこともあり、「個人的には高金利通貨で時間を味方につけた積立投資を始めるなら悪くない時期だと考えます。」と記載したのですが、現時点ではその読みは当たり、29.5円まで+1.5円の上昇となりました。

トルコリラ円、日足チャートでチェック

以下は、トルコリラ円の日足チャートです。

現在、29.5円まで戻してきています。
ただし、現在、一目均衡表の遅行線が実線とちょうど交わるところで、このような場合、2つの線が反発、つまり値動き的には下落しやすいタイミングに来ています。

もし、この状況下で一気に遅行線が一気に上抜けていくようならば、もう一段の上昇が期待できるため、見極めが大切な状況です。

ただ、上述したように、高金利通貨の魅力=時間をかけて高金利で金利を得ていきたいと考えるなら、今の水準はポジションを仕込むべき水準だと考えます。どん底付近と考えられることから、ドローダウンもたかが知れているはずです。(もっとも、ちゃんとリスクコントロールする必要はあります)

私は今年上旬からトルコリラ投資を始めており、毎日スワップ金利を得ているため、為替損益はまだマイナスですが、金利+為替損益はプラスに転じています。
クロス円通貨はかけ合わせ通貨で値動きが読みづらいと考えるなら、対ドル(USDTRY)で投資するのも良いかもしれません。

高金利通貨投資には口座選びが重要

高金利通貨投資は時間をかけて行うものですから、1日当たりのスワップ金利の高さが重要。
1日当たりのスワップが大きい以下の口座を使うのとそうでない場合とでは、金利のたまり方も大きく異なります。

GMOクリック証券【FXネオ】
FXプライム by GMO

不安な方は一気にポジションを持つのではなく、積立FXを行いましょう。一度に大きな額を投資するのではなく、例えば毎月月末に1万円、2万円といった額を積み立てればいいですね。
どちらもトルコリラ円28円なら、1万通貨、12000円以下の証拠金で始められます。

コメントを残す