日本で超話題となったICOプラットフォームCOMSA。
11月6日にトークンセールを終え、235763人の登録ユーザからCOMSAトークン購入総数 95614242.43092581 USD相当(1ドル111円換算で106億円)を調達して、はや20日あまりが経過しておりますが、今後のCOMSAの展開がどうなるのかな?と思っている方も多いでしょう。

そこで、COMSAの今後のスケジュールを確認してみました。

CMSトークン配布開始は11/30を予定

COMSAのダッシュボードページにアクセスしてみてください。以下のアナウンスがでています。

COMSAのTwitterでも、11月24日付で、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でCMSトークンの取扱い(取引)開始が<11月27日 告知予定>とアナウンスされています。

CMSトークンは NanoWallet(XEM:mosaic)、MyEtherWallet(ETH:ERC20)でも受け取りができますが、なる早でCMSトークンを受け取り、売買を行うにはZaif口座が必要です。まだZaifに口座をお持ちでない方はすぐに口座開設しましょう。
Zaif 口座開設申込

追加更新:
本日11月27日、COMSAダッシュボードが更新され、予定が遅れることが判明しました。

仮想通貨取引所 ZaifでのCMSトークンの取扱い(取引)開始 12/4 予定
https://corp.zaif.jp/info/7622/

CMSトークンの上場価格予測

トークンセールでの販売価格は 1CMS = 1USDでした。上場後にこれを上回ることができるでしょうか?

これまで、特に大型ICO案件は、最初は売りに押されて始めるものが多いです。特にCOMSAは個人的にはCOMSAの場合は、とにかく登録ユーザが多く、投資額も小さい小口投資家が多いので、上場後、即売りに回る人が多いのではないかと考えます。

一方で、国内取引所QUOINEXQASHは当初売り出し額を大きく上回る価格で推移しています。

トークン名 COMSA QASH
先行上場取引所 zaif QUOINEX
投資期間 2017年10月2日~11月6日   2017年11月6~8日
※当初予定では~11月30日まで
投資総額 約109億円 約134億円
投資家数 235,082 4,988人
コメント 2/3が1000ドル未満の小口
10%が5万ドル以上の購入
大口投資家が多い

QASHの情報は以下を参考にしてください。

COMSAについては、Chamiの予想を裏切り、同じようにトークンセール販売額を上回ってくれることを期待したいところです。

COMSA今後のICO実施計画

個人的に当初はトークンセール販売価格を下回るとみていますが、一方で、テックビューローはCOMSAセール開始以降、以下のICOの実施/計画を発表しています。

これらICOに参加と考えている方もいると考えられ、まだCMSトークンを持っていない方々が一度下落した後に買いを入れてくる可能性もあると思っています。

今後、COMSAが上記のようなICO案件を次々と増やして、CMSトークンの価格を維持・上昇すべく努めてくれることを期待しましょう!

コメントを残す