日替わりで状況が変わるビットコイン&アルトコインの相場付。

Chamiはロックチェーン技術をもとに開発されたビットコインが現在の現金では代替できない優れた価値を持っており、さらに発行上限が決まっているものだからこそ、その市場価値は長期的に高まっていくと考え長期投資(ガチホ投資)を始めた一人です。

非中央集権的な通貨だからこそ、開発者は使いやすい価値ある通貨を目指して開発を行い、マイナーはその台帳の管理を支え、ユーザは送金が法定通貨より早い/手数料が安いなどの利便性からビットコインを利用し、投資家はその価値を評価して投資を行い、取引所はその売買手数料などを得て儲かるという、市場関係者同士でWin-Winの関係を維持しながら、発展していくものと思っていました。

しかし、最近の様子はちょっと違いますよね。特にSegwit2xに始まる各関係プレーヤーの自分第一主義はなかなか大人げないものがあります。

各関係プレーヤー皆が「強欲」

現在のか仮想通貨は、なんといってもビットコインがメインですよね。
そのビットコインの昨今の動きを見ていると、とにかく、自分第一主義が凄くて強欲。

ビットコインの発展のためでなく、

開発者は、自分の開発した通貨が最も優れているんだ!と主張し、勝手にハードフォークで分裂し、

マイナーは、その時々で最も儲かる通貨に流れ、ビットコインの台帳処理が停滞していようが関係ないといった雰囲気だし、

投機家は、ビットコインの将来など関係なしで、時には、ビットコインは価値がない/バブルだ発言で市場を混乱させ、自分たちが安値でポジションを作るための新参者ふるい落としを行ったりするし、

取引所は、手数料が得られるならと、上場承認すべきでない通貨やトークンを上場させたり

など、やりたい放題な感じに見えます。

「儲かればいい」

ただ、それだけに尽きるように見えるのです。

確かに投資は「儲け」は必須です。ただ、儲け一辺倒になりすぎると、結局、ある事件をきっかけにダメになり、win-winの関係をつづけながら成長するときに長期的に得られていた利益が得られなくなってしまうのではないかと危惧します。

リーマンショックで自爆したウォール街の強欲資本主義に通ずるものあり

ビットコインは非中央集権通貨で、誰も全体をコントロールはできない点がよい点ではあるのですが、現在はそれが裏目に出てしまっている感じがします。
かつてリーマンショック時にはウォール街の強欲資本主義が行き過ぎて、ウォール街は自爆し、自分たちが自爆するだけでなく、世界全体を大恐慌に陥れました。

仮想通貨市場においても、ビットコインの発展のためでなく、プレーヤーの強欲巣主義が行き過ぎると、ビットコインだけでなく仮想通貨全体がダメになってしまわないとも限りません。

私のジレンマ

今の仮想通貨市場の動きに納得がいかない立場でありながら、弱小投資家として、強欲主義者と共に、ビットコインをはじめとする通貨の価格の暴騰を期待してしまっています。

仮想通貨、特にビットコインは、大手プレーヤーがこれからやっと参入を始める市場です。少なくとも数年はさらに市場規模が大きくなっていくのだろうとChami は想像します。
想像よりなにより、年内には、CMEで先物が始まり、大手投資プレイヤーが参戦してきますし、GMOやDMM、SBIなどがマイナー参戦してくることが約束されています。この状態では市場が大きくならないわけがない!と自分の資産が大きくなることを期待しています。

コメントを残す