仮想通貨に関するニュースなどを普段聞いたことがないワードをよく見かけます。

「エアドロップ(Airdrop)」という言葉もその一つ。
AirDrop。英語をそのまま訳せば、「空から(何かが)降ってくる」という意味ですね。

仮想通貨におけるエアドロップもまさにその通りで、登録やtwitter連携、ツイートなど簡単なアクションをしたり、特定期日までにコインを所有したりすることで、コインが配布されることを言います。

なんでタダでコインを配布するの?その目的は?

例えば、新しくできたばかりのコインの場合、保有している人が少なく、流動性も低いものです。また、認知度も低いです。このような時、エアドロップで無料でコインを配布するとアナウンスすることで、認知度と流動性を高めることができます。

上場すると数百円~になるよ

Airdropは上場前のものが多いため、配布直後は値がついていませんが、上場して、値が付くと価値を持つようになります。

以下の図は、私がAirdropやエントリーした覚えもないけれどももらったコイン/トークンの一部です(2018年2月9日現在)。
タダでもらったコインに500円~4000円の値がついてますね。市場全体が上昇することで価格がUPすることを期待しています。

今、開催中のエアドロップ

開催中のエアドロップを紹介します。簡単な条件を満たすだけで、タダでコインがもらえます。終了してしまっていたらごめんなさいね。
※最新の案件が上部に表示されています。

5/1にオープン予定の仮想通貨取引所「Kryptono.Exchange」がAirdropを開催中。38KNOWトークンもらえます
ブロックチェーンベースの未来型株取引を目指すBrickBlockがAirdrop。SNS連携でタダコインもらえます
次世代IoTエコシステムのAICTがAirdrop。0.2AICTが超簡単登録でもらえるよ
音楽配信サービスの「bitsong」がAirdropを再開。28BTSGがもらえるよ
Zilla (ZLA)のプレセールス購入者に3ヵ月保有でGD TokenをGet。次のAirdropは7/1
広告配信の効率化・透明化を目指す「Papyrus」がAirdropを開始。超簡単登録でPPRトークンがもらえます
スマートコントラクトで手数料0の保険提供を目指す「Vernam」がAirdropやってるよ
世界中の雇用者と労働者をつなぎスムーズな報酬払いを実現するプラットフォームの実現を目指す「BLOK」がAirdropやってるよ
3/20よりゲーマー向けモバイルゲーム配信プラットフォームのALAXがAirdropをスタート。4/17から6日間はトークンジェネレーションイベントを開催予定
既に取引所に上場済みのプライベートエクイティSwarm (SWM)がAirdrop。登録で10SWMもらえます
IoT開発者のためのプラットフォームHurifyが2回目のAirdrop。botとの対話でHURがもらえます
オルタナティブファンド用プラットフォームのDarcMatterがAirdrop。15DMC($3相当)がもらえるよ
ゲーム×広告プラットフォームのRefereumが3回目のAirdrop中。タダでトークンもらっちゃお♪
フットボールのファンための未来型プラットフォームFan TokenがAirdropを開催中。Teregram連携で100ドルのトークンがもらえる♪
P2Pローンベースの決済システム「SOFIN」がAirdrop。簡単登録で50SOFINがGetできます
不動産売買サポートの「CSAToken」がAirdrop。すぐにMyEtheWalletで1000CSATが受け取れるよ♪

コメントを残す