先週の日経平均は21年ぶりに2万1000円大台を回復して取引を終えましたね。

私はここ3年間、毎年秋にNISA枠で日経平均レバレッジ上場投信(1570)をメインで買ってきたのですが、昨今の日経平均の上げで、大きな利が乗ってきました。

そこで私の成績を大公開しちゃいます。

ChamiのNISA口座、成績大公開!

以下が私のNISA口座の成績です。
これまでの投資額307万円に対し、利益が166万円(+54%)ってなかなかスゴイ成績だと思いませんか?

投資余力があるなら、非課税投資NISAは枠いっぱい使え!

今、利益がでて改めて思うことは、非課税のありがたさです。

今、NISAで購入した銘柄をすべて売却すれば、利益は166万円
でも、これが特定口座なら、166万円×20.315%=33.7万円の税金が引かれて実質の利益は132.3万円に減ってしまいます。これは大きな差です。

NISAやiDeCoの非課税制度は絶対に利用しなくては損!と改めて痛感させられました。

関連記事 投資メリットが大きい非課税投資はどっち?NISA VS iDeCo
関連記事 NISAとiDeCoどう使い分けるといい?

2017年の反省は、まだNISA枠を使った投資ができていないこと

しっかり利益が出ているNISA投資ですが、反省すべきは、まだ2017年のNISA枠を使った投資ができていないことにつきます。

私は、これまで、NISA投資においては、有名な相場格言「Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day. 」に基づき、毎年9~10月にNISA投資を行ってきました。
※St Leger dayとは9月第2土曜日に行われる競馬レースのことです。
関連記事 Sell in Mayの本当の意味を理解し、対策せよ

しかし、今年は9月第2土曜日過ぎから一気に相場が上昇。押し目もなく現在の水準まで上昇を遂げてしまい、NISA枠での投資ができませんでした。

今後の日経平均のよみとしては、2万1000円の達成感から少し利益確定の売りに押される可能性はありますが、基本上昇トレンドだと考えますが、じゃあ、ここから日経平均レバレッジ上場投信を買うえるかというと、ちょっと勇気がありません。

リーマンショックから早10年、もうそろそろ米国発の暴落が起きてもおかしくないという思いもありますので、今年は、底値圏で低迷しているようなETFや投信を探して枠いっぱい投資をしようかなと考えています。

また、来年は通常NISAではなくてつみたてNISAに切り替えかな~。
要Check! 2018年1月から始まる非課税制度「つみたてNISA」、大手ネット証券で受付始まる

コメントを残す