昨夜も記事にした通り、昨日は中国がICOによる資金調達を違法行為と判断したことで仮想通貨市場全体が大きく崩れています。
ロイター記事 中国、仮想通貨による資金調達を禁止 違法行為と判断

特に大きく崩れた通貨 NEO(ネオ)

特に崩れが大きいのは、NEOなどの銘柄。

ICOトークンは既存の仮想通貨のシステムを利用して行われることが大半ですが、NEOはまさに中国版のイーサリウムのような位置づけの通貨であり、中国企業などがNEOのプラットフォームをベースにしたICOトークンの発行するようになればNEOの需要が増し価値も上がるとみられることから、直近急騰。時価総額も突然10位以内に入るほどの上昇を見せていました。

8月半ばをピークに下落基調ではありましたが、昨日は約36%の暴落…
まさに、今回の中国の発表で今後の期待の梯子を外された状況です。


これで本当にNEOの成長のとどめを刺されたかは、私にはちょっとわかりません。

過去、中国株式などの急落を見ていても、中国に関連する市場はたくましいので、意外とすんなり復活してくるのではないかと、考えたりもします。もしそうなら、これまでの仮想通貨銘柄の暴落は絶好の買い場なのではないか?と考えたりもします(私の妄想の範疇で、なんの裏付けもありません)。

この考えが当たるかどうかは別として、投資ができる環境を準備しておかなければチャンスもものにできないのは、否定のしようもない事実。

そこで、日本の取引所では取扱いのないアルトコインに投資できる環境を用意するべく、Bittrexの口座を用意しました。

思ったときにすぐ行動する。これは、私が仮想通貨投資をするようになって、今まで以上に心がけるようになったことです。(そうしないと市場チャンスについていけない)。

NEOに投資するかどうかは様子を見て決めるとして、いつでも少額投資できる体制は整えておきたいと思います。
そのためにも、国内取引所で、ビットコインやイーサの確保が必要なのですが、本命のビットコインの下落は小さめですね。一度仕込むためにはもっと下落してくれるとありがたいのですが、なかなか思うようには動いてくれないものです。

取引口座を準備し、ここぞというとき投資しよう!
仮想通貨、将来の上昇期待は、株式よりも圧倒的に上です。
数分で登録できるので、投資環境を整えてみてはいかがでしょうか?
以下3つとも異なる良さがありオススメできますが、まず一つ開設するなら、国内で最も仮想通貨の取扱数が多いcoincheck(コインチェック)がオススメです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す