先日、私Chamiの暴落後の仮想通貨のポートフォリオを公開させて頂きました。

でも、待てよ。
ここ最近の仮想通貨買い増しで、全資産に占める仮想通貨資産の割合はどうなったのだろうか?

私はかねてより、マネーフォワードで資産管理をしてきました。

マネーフォワードは既に主要な仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)coincheck(コインチェック), Zaif(ザイフ)に対応していますが、「現金・預金」「株式」「FX」資産のように、「仮想通貨」での資産分類はできません。

また、以下の理由により、マネーフォワードでは管理不能な資産も出てきています。
・未提携の仮想通貨取引所
・Walletへの資産移管
・ICOへの投資

そこで、マネーフォワードデータをもとに、各アセットクラスの投資割合を簡易集計してみました。

Chamiの全アセットクラスのポートフォリオを公開

先週、現金クラスから仮想通貨クラスへ資産を大きく動かしした。
結果、私のアセットは以下のようになっています。

「現金」は、預貯金も含みます。
「株式」は、NISA、iDeCoも含みます。
「CFD」は、現時点ではわずかにしかポジションを持っていないため、ほぼ「現金」です。

上記も含め再計算すると、
現金:株式:FX:仮想通貨=20%:40%:23%:17%となりました。

MYポートフォリオに対する考察

こう見ると、リスク資産の割合が高いですね。FXも仮想通貨も「投機」「ギャンブル性」の高いアセットです。
いわゆる教科書的な考えに基づけば、私のようなアセットの持ち方は、危険度の高いお馬鹿なアセットになります。故、皆さんにまねは勧めません。

しかし私は、「今、最も賢い投資先は【仮想通貨】」という考えは変わりません。
自分が想定しているよりも、現金が複数口座に散らばっていることも明確になったので、相場と相談しながら資産を仮想通貨に移します。

私はサラリーマンで毎月の給料がありますから、不必要に現金で持つ必要はありません。日本人は資産の現金保有率が諸外国に比べても高いですが、これは、単に、すぐに引き出せる現金ががないと不安という合理性のない感情によるものなのですから。

そして、もう一つ。
暴落時にもう少し機敏に動けるように銀行口座も整理したいと思います(今のままだと、無駄な手数料がかかりすぎます。。。)

要check! 仮想通貨に可能性を感じる人は口座を開こう!口座開設たった3分で一歩前進できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す