本日9月23日映画、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の映画が公開され、早速、見に行ってきました。
それは手紙がつなぐ、たった一夜の奇蹟の物語に涙!!超オススメです。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」あらすじ

あらすじ:
2012年。幼馴染の敦也、翔太、幸平の3人は、ある日夜を明かすため1軒の廃屋に忍び込む。そこはかつて悩み相談を受けることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しており、自分たち以外誰もいないはずの店内に、突然シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる。なんとその手紙は32年前に書かれた悩み相談だった。敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くー。次第に明らかになっていく雑貨店の秘密と、相談者たちと敦也たちの共通点。彼らがこの雑貨店に忍び込んだのは偶然ではなかったのかー?そして、敦也たちがある人物からの“最後の手紙”を受け取ったとき、彼らの運命は一変する。

原作は、累計900万部を突破!東野圭吾の著書「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

累計900万部を突破!東野圭吾史上、最も泣ける感動作と言われる「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

私は本作を知らずに映画を見に行きましたが、本作を知らずとも、まったく問題なく楽しみ、そして感動できる映画です。

複数の時代、そして、それぞれの時代に生きる人たちが、手紙を通じてクロスする。そして、そのクロスは、意外なつながりを見せ、そして、こころを揺さぶります。

人生に深い悩みを持ちアドバイスを求める悩める人々、そして、その手紙の相手に寄り添い真摯に相談にのり手紙でアドバイスを送る人々、そして、その手紙に背中を押してもらい人生を歩み出す人々。時代を超えた手紙を通じた連鎖は、とても素敵で、よくこの複雑なクロスを感動的に仕上げたものだと、監督の力量にも驚きます。

テーマソングは山下達郎の「Reborn」。この歌も映画のキーファクター

映画のテーマソングは山下達郎の「Reborn(リボーン)」
本作の主題歌として山下達郎が書き下ろした作品です。

REBORN Single, Maxi
山下達郎
ワーナーミュージック・ジャパン
収録時間: 37 分

このテーマソングは、本映画において、とても重要な役割を果たすキーファクター。この曲も、時代を超えて感動的に連鎖します。
映画内で初めてこの曲のメロディーが流れるシーンと、それが現代で素敵なつながりを経て、ステージで歌われるシーンとでは、その歌、歌詞の重みもすっかり変わってしまうことでしょう。現代で女性シンガーが歌うシーンでは思わず涙がこぼれました。

つながりをここで書きたいところですが、私の説明では、とても薄っぺらい内容になってしまい、この映画の持つ魅力、感動を弱めてしまいそうですのでやめておきます。どのように素敵に連鎖していくかは、劇場に足を運んで見てください。見て、損はしません!!

TOHOシネマで鑑賞するなら、このカード必須!

TOHOシネマの会員カードともいえる「シネマイレージカード」のポイント6ポイントを利用すると映画をタダ見ができます!さらにマイレージポイントも1000ポイント以上貯まると、ポップコーンも無料で頂けます。私はこのポイントを利用して映画をときどきタダ見しています♪

ちなみに、クレジットカードといっても、支払をカードでする必要はなし。チケット購入時にカードを提示するだけで、6本見ると1本がタダになります。

cine-milagecard1

このカードの利用価値を還元率に換算すると・・・
映画6回分10,800円(1,800円×6回)で1,800円分のチケットがタダになりますから、還元率は驚きの16%以上です。

シネマイレージカード

コメントを残す