昨日、GMOインターネットグループが『仮想通貨の採掘(ビットコインマイニング)事業』を、2018年上半期を目処に開始することをアナウンスしましたね。
リリース記事 仮想通貨の採掘(ビットコインマイニング)事業に参入~ビットコインの健全な運用で“国境のない新たな経済圏”の発展を担う~

GMOインターネットグループのビットコインマイニングの事業内容概要

上記ニュース記事には7nmプロセス技術を活用した半導体チップを開発し、投入マイニングチップを50,000チップから段階的に増強、計算総パワー500PH/sにする とありますから、なかなかインパクトのある事業です。ちなみに現在のマイニングの業界標準は16nmチップですから、その先の性能アップした最先端チップで勝負すると言っています。

以下はその概要です。

概要
マイニングを行う高性能のコンピューター(マイニングボード)を実現するため、半導体設計技術を持つパートナー企業とともに、最先端の7nmプロセス技術を活用した半導体チップ(マイニングチップ)の研究開発を行う。電力供給の面では、再生可能エネルギーの豊富な北欧に「次世代マイニングセンター」を設置し、クリーンで安価な電力を調達することで、コストを抑えた施設の運営を可能にする。

事業内容
クラウドマイニング事業
マイニングを行うための設備投資・運用が難しい個人や事業者でも、少額投資をしてビットコインが得られた場合、配当を受け取るサービス。

次世代マイニングボードの販売
マイニングチップを搭載したマイニングボードを販売する。

GMOコイン株式会社への仮想通貨供給
グループ会社であるGMOコイン株式会社(仮想通貨交換業登録申請中)に対し、マイニングされたビットコインをはじめとする仮想通貨を供給し流動性を増す。

 
なお、マイニング事業がいまいちピンとこない方は以下の記事をご確認下さい。中国パワー恐るべきです。当然のことながらビットマイン社も今後の増強計画を考えています。

GMOコイン、何か動きがありそうと過去記事に書いていましたが…

さて、私は以下の記事で、GMOコインが一定期間のうちに何らかの動きをし始めそうと妄想を含めてどんなことが考えられるか記事にしていましたが、今回のニュースが関連していましたね。そこそこいい妄想をしていたと思います。

資本力を武器にどこまでGMOグループが攻め込めるか注目してみたいと思います。

先日急騰で話題になっていたZaifのZaifコインならぬ、GMOコインもあり得ますかね?

既にGMOコインの口座は開設済みなので動向を見守りたいと思います。

GMOコイン

“GMO、最先端ビットコインマイニング事業を2018年上半期を目処に開始。GMOコインに仮想通貨供給” への1件のコメント

コメントを残す