GMOとDMMが立て続けでマイニング事業への参入を発表しました。
過去記事 GMO、最先端ビットコインマイニング事業を2018年上半期を目処に開始
過去記事 DMMも「DMMマイニングファーム」の運営を10月より開始

GMOのマイニングプールは北ヨーロッパ

以下は熊谷社長のブログ「クマガイコム」からの引用です。

マイニング事業は、日本の上場企業としては初ですが、中国や米国、ヨーロッパなどでは既に多くの企業が参入しています。そして、マイニング事業は電気を大量に消耗するので、地球温暖化にはマイナスの事業です。
他の会社と同じことをするつもりは無いし、地球温暖化の片棒を担ぐつもりも無いので
1)低電力で動くマイニング用の最先端半導体チップを開発
2)再生可能エネルギーを利用可能な地域(北ヨーロッパ)で展開

することにしました。両方とも目処が立ったので昨日下記のリリースを出しました。世界中から反応を頂きました。

マイニングより儲かる”リーバイス戦略”は何だろう?

あら、マイニングプールは日本ではなく、北ヨーロッパに設置されるようですね。再生エネルギーで膨大なエネルギーを確保するんですね。北ヨーロッパの寒いところなら、その分冷却の電気代も節約できますしね。

以下も熊谷氏ブログからの引用。

ゴールドラッシュで上手く行ったのは、金を掘った人ではなく、リーバイスだったという話も有名です。私達は、自らマイニングするのと同時に、全ての人がマイニングに参加できるようにクラウドマイニングサービスや、マイニングボードの販売と旧財閥グループ戦略&リーバイス戦略の両建てで今回の事業にチャレンジしたいと思います。

採掘するだけでなく、その周辺のビジネスも手掛けるっておっしゃられているわけですよね。

確かに、現在もゴールドラッシュ時と同様、例えばマイニングそのものに投資するより、ビットコインとか仮想通貨そのものに投資している方がリターンがよいのが現状。
現代のリーバイス戦略は何でしょう?やっぱり、コイン発行&それを使ったビジネスかしら???

GMOグループの場合はGMOコイン

コメントを残す