FXの魅力の一つ、レバレッジ投資。

現在の最大レバレッジは25倍。最大レバレッジでの取引は決してオススメしませんが、正しい使い方をすれば、利益を大きく伸ばすチャンスを手に入れることができる大事な仕組みです。

しかし、このレバレッジ規制を厳しくする検討が金融庁で始まったようです。

リスク管理を懸念し、最大25倍⇒10倍へ見直し案が有力

FX証拠金倍率を引き下げ 10倍程度に、金融庁検討 ~リスク管理を懸念、最大25倍の規制見直し
日経新聞、2017/9/27

金融庁は外国為替証拠金取引(FX)の証拠金倍率(レバレッジ)を引き下げる検討に入った。現行の最大25倍から10倍程度に下げる案が有力だ。外国為替相場が急変動した際、個人投資家や金融機関が想定を超える損失を抱えるリスクが高まっていると判断した。国内の取引高は約5千兆円に上る一方、FX業者への規制は銀行などに比べ緩い面がある。規制見直しで日本発の市場混乱を防ぐ。

現在の最大レバレッジは25倍ですが、この倍率となったのは2011年8月1日から。それ以前は、最大レバレッジは50倍でした。

確かにレバレッジが上がると、無理な投資で資産を失いやすくなるのは事実。しかし、レバレッジは使い方を間違えなければ利益を大きく伸ばすチャンスでもあるため、規制されたくないとお考えの方も多いと思います。

そもそも、「高レバレッジだから危ない」のではありません。あくまで個々人の使い方の問題です。投資は自己責任。これまでOKだったものがNGとなり、自由度がなくなるのは個人的には納得がいきません。

10倍規制に納得が行かないなら、海外FXを始めよう

少ない資金で大きな投資ができるチャンスは奪われたくない!

そんな方は海外FX口座を用意してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、従来より、海外FXの魅力を何度となく紹介してきました。
海外FXの場合、レバレッジは200~500倍は当たり前。1000倍という口座も存在します。しかし、海外FXの魅力はそれだけではありません。

さて、海外FX口座と聞くと、「私は英語がわからないから無理」とお思いになった方もいらっしゃると思いますが、あきらめることは全くありません。日本人のFX好きはミセスワタナベという言葉に象徴されるように有名で、日本語で不自由なく口座開設ができるところもたくさんあります。私も過去より海外FX口座を活用しています。

海外FX口座を開設するなら、キャッシュバックサービスを経由して口座を開設しよう

上記で紹介したページで、海外FXの魅力を7点あげていますが、少しでもお得にFX取引をするなら、外してはいけないのが、FX取引毎にキャッシュバックが得られるキャッシュバックサービスを利用すること。

このキャッシュバックサービスで最も日本で有名なのがFinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)です。利用料は無料。ポイントサイトのように、単にこのサイトを経由して口座を開設するだけで、取引量に応じたキャッシュバックが得られます。

fcb-toppage

もちろん利用は無料。簡単登録で世界のFXブローカーの情報が収集できるだけでなく、同サイトを経由して、口座開設をすれば、取引量に応じたキャッシュバックが得られます。
もはや、使わない手はないサービスです。本サービスを利用して、33のFX会社の口座を開設することができます。

私はこのサービスをサービス開始当時から利用。キャッシュバック額は再投資の財源にしています。

ユーザ登録すると、
・もれなく現金1000円プレゼント
・CashBackForex完全攻略ガイドのプレゼント
・トラリピ系自動売買EXのプレゼント

などの特典もあります。

詳細:FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)

FinalCashBackの提携FX会社でおすすめの会社5社

本サイトでは、過去にオススメの海外FX会社や、他のFX会社にはない特徴のあるFX会社を紹介してきました。その中からおすすめのFX会社を紹介します。詳細は、各ページにてご確認ください。

  1. スプレッドの狭さに定評&ビットコインも同一口座で取引できる!
    【bigboss(ビッグボス)】

    今、注目の仮想通貨FXもできるブローカー。No.1のオススメ

  2. NDD採用の極狭スプレッドブローカー
    【TitanFX(タイタンFX)】

  3. ECNスプレッドの狭さはトップクラス!厳格な金融ライセンスFCAも保有
    【LAND-FX】

  4. 無料でMetaTraderの自動売買EAが使いたい放題!
    【GemForex(ゲムフォレックス)】

  5. フリーマージンに対し最大7%の利息が付く!
    【IFTMarkets(アイエフシーマーケッツ)】

コメントを残す