テックビューロ社が8月3日に発表した日本初の仮想通貨を使った資金調達用ICOソリューション「COMSA」。ネットでも話題になっており、初日だけでも登録者が1万人を突破したようですね。

>その後、8月10日には、NTVP、フィスコ、ABBALabのファンドが日本初となる仮想通貨とICOトークンへの直接投資の開始がにニュースとなり、テックビューロが提供するICOソリューション「COMSA」にて発行される企業のトークンも投資対象であると発表されたことから、さらにテックビューロ社、および、COMSAに注目が集まっています。
過去記事 日本初のICOプラットフォーム「COMSA(コムサ)」をテックビューロが発表!

そうならばと、テックビューロ社の仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」にも口座開設しました。
ホームページで口座開設申し込み後、3日ぐらいで「本人確認コード」が郵送されてきて、晴れて口座を利用できるようになりました。

仮想通貨Zaifの特徴

Zaifは朝山貴生氏が代表を務めるテックビューロ―社が運用する仮想通貨取引所です。

仮想通貨の現物取引レバレッジ取引ができるだけでなく、以下のような特徴を持つ取引所です。

・銀行口座自動引き落とし対応で誰でも簡単に積立できる「Zaifコイン積立」
・ハードウェア型ビットコインウォレットの販売
・世界中で使えるマネパカードとの連携でビットコインの利益でショッピング可能

要チェック Zaifのサービス:詳細

取扱い通貨

取り扱い通貨は以下の通り

主要通貨
・ビットコイン(BTC)
・ネム(MEM、XEM)
・モナーコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCC)
その他通貨、トークン
・カウンターパーティー(XCP)
・ビットクリスタルズ(BCY)
・ストージ(Storj、SJCX)
・フィスココイン(FSCC)
・ペペキャッシュ(PepeCash)
・カイカコイン(CICC)
・ネクスコイン(NCXC)
・ZAIFコイン(ZAIF)

注目通貨は、ネム(MEM、XEM)。テックビューロ代表の朝山貴生氏が日本でのNEMのマーケティングや普及活動の責任者を担う「Director of NEM Japan」に就任し、積極的に活動されています。

また、国内で最多アルトコインを扱う仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)を複数取り扱っている点も魅力です。

Zaifのサービス:詳細

手数料、現物取引がマイナスの0.01%!

ビットコインと日本円の取引手数料がマイナス0.01%!
つまり、本人確認を済ませて取引すれば、取引手数料がもらえるのです!

チャート機能が充実

私は現在、bitFlyer(ビットフライヤー)coincheck(コインチェック)を取引に使用してきましたが、2社の利用ではネムのチャート分析が十分にできないという問題を抱えていました。

しかし、Zaifのチャート分析ツールを使えばこの問題が解消されます。

以下は、ネムの日足チャート。私がいつも分析に使う一目均衡表と共に表示させています。

Zaifのサービス:詳細

複数の仮想通貨取引所に口座を開設するメリット

複数の仮想通貨取引所に口座を開設すると、管理が面倒になるのでは?という疑問もあるかと思います。しかし、私は複数の取引所に口座を持つことは、以下のようなメリットがあると思っています。

1.口座ごとに運用スタイルを変えられる
2.取引できる通貨が増える
3.口座ごとに異なる周辺機能が利用できる
4.アービトラージ取引ができる

特に私の場合役立っているのは、「1」で、口座ごとに長期ホールド用、売買用など運用スタイルを変えています。一つの口座にまとまっていると利益の乗っているものは利益確定したくなりますが、その衝動を抑えられます。
まだまだ成長が見込める仮想通貨の場合、価格が低い時に買った通貨は持ち続けることが、ハラハラドキドキを減らしながら大きな利益を生む秘訣だと私は考えています。