ビットコイン、ものすごい勢いで上昇していますね。

先週までは、北朝鮮問題で世界的に株式は低迷、為替も下落していたので、株式やFXから逃避資金が入ってきたのかなと考えておりました。

株式やFXから資金流入すれば、まだまだ若い仮想通貨市場にはインパクトはあるはず。特に、株式は「7のつく年の大暴落」説もあり、一部利益確定した資金をどこに振り分けるか考えるなら、仮想通貨市場は魅力的。では、仮想通貨市場にてどこに資金を投入するかと考えれば、まずは、ビットコインということで、上昇したと個人的には考えております。

また、アルトコインが上昇しないので、ビットコインへの乗り換え者も多かったことでしょう。

では、今なお買っている人はどんな方々なのでしょうか?疑問に思ったので調べてみました。

韓国、米国、中国が購入。日本は意外と静か

以下は、本日8月15日昼段階におけるBitcoin Marketsで、24時間の変動を上位20位まで示したものです。

上記を見ると目を引くのが、No.1に位置する「BTC/KRW」。ウォンでの取引が活発なことから韓国で買われているようですね。

米国が上位にいるのは何ら不思議に感じませんが、その次に目を引くのはBTC/CNY。中国のランキングが目立ちます。

一方、日本はNo.10。bitFlyer経由でBTC/JPYが売買されていますね。

たまに取引所での売買の動きを見てみると、どこの国が動いているかがわかって面白いですね。

ビットコイン国内取引量No.1 birFlyer
チャート分析にはこの口座が必須。
本ページで示したチャートもbitFlyerのもの

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

12種類の仮想通貨を取扱い!coincheck
ビットコイン以上の価格上昇の夢が追える、
アルトコインにも投資したかったら必須の口座

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す