仮想通貨全体が爆上げした今年2017年5月以降、これまで多くのホルダーの期待を裏切り、ジリジリ値下がりを続けてきたリップルXRP
Ripple ツイッターアカウントでの謎のカウントダウンをきっかけに急騰しましたね。

ネット上で値上がりを喜ぶ声がある反面、カウントダウン明けに発表される内容が、期待を裏切るのではないかと、この急騰に乗じていつ利確しようかとささやくツイートも多く見られます。リップル信者は多い一方、他のメジャー通貨が上昇する中、一人、ダラダラ下落し期待を裏切り続けてきたので、売り抜けてしまいたいという思いを持つ人も多い印象です。

これまでの動きをチャートで確認しておきましょう。

トレンドラインを上抜け、一気に上昇

以下はリップルの12時間足チャート。一目均衡表に加え、5月の高値と直近の安値まで0-100%とするフィボナッチ線トレンドラインを表示しています。

本日のチャートは、取引所
bitbank
口座にてチャート作成。背景色はデフォルトの黒から白に変更しています(bitbankのチャートは黒が基調なのですが、せっかくのフィボナッチのカラー表示が背景黒でわかりにくいため)。
※チャートクリックで拡大します。

さて、上記チャートを見ると、トレンドラインを越えて一気に上昇していますね。
本ブログ作成時の8月23日 23:30の段階では、おおよそ、フィボナッチ50%戻しのラインに到達しています。現時点ではカウントダウンは「2」。どのタイミングで下落、或いは、突き抜けて上昇するのかが見ものです。

私の口座状況

先日8月22日の記事では、口座状況を以下のように記載しました。

私の場合、ビットコイン分裂時に取得したビットコインキャッシュをそのままホールド中。ビットキャッシュ、ビットコインキャッシュとも同数量を保持したままなのですが、どちらか上がればどちらかが下がる状況です。

加えて、リップル、メムなども保有していますが、全体を通じて、特定の通貨が上がれば、どれかが下がるといった具合で、口座残高には大きな変化がない状況です。

分散投資の効果と言えるのでしょうか。資産の大幅変動には耐性ができますが、価格上昇時の爆発力もなしな状態です….

ですが、今回のリップルの上昇で、大きく資産残高が増えました。このような爆発力のある上昇は、仮想通貨ならではですね。だから、仮想通貨ファンが増え、結果、投入資金量も増え、さらに面白い相場になっているんでしょうね。

さて、カウントダウンは1,0と続いていきますが、果たして、再び奈落の底に突き落とされるのか、或いは、最高値更新となるか。いずれにせよ私はホールドのままの予定です。

bitbank.cc 新規口座開設

コメントを残す