昨日、2017年7月31日(月)のNHKクローズアップ現代+のテーマは「“仮想通貨バブル”未来のお金の行方は?」でしたが、ご覧になられたでしょうか?

仮想通貨の高騰っぷり、億り人の出現、仮想通貨公開詐欺の被害、本日8月1日に行われるビットコインの分裂などについて解説されていました。

内容:
仮想通貨が高騰している。代表格・ビットコインの価格は年初の約3倍に。仮想通貨全体の時価総額も6倍以上にふくれあがり、10兆円を越えた。主婦なども投機目的で購入。億単位の利益を得る人が次々と現れる一方で、悪質な業者に購入を勧められるなど、トラブルも増えている。そして今、ビットコインは大きな転機を迎えている。8月1日に、分裂する可能性があるというのだ。果たして仮想通貨は“次世代のお金“になれるのか?

個人的な番組感想

過去、FXに火が付いたときは日本人主婦トレーダーなどの存在を総称し「ミセスワタナベ」といった言葉が流行りましたが、テレビの番組などでは「主婦がトレードで儲けた」というとインパクトがあるからでしょうか?本番組でもうまく利益を出した主婦などを取り上げていました。

番組の中で日本の「トレード人口100万人」「投資ブームに火がついている」といったニュアンスの表現がありましたが、なんとなくまだ投資をし始めていない人は煽られているような印象を受けるのではないかなと感じました。(すでに投資を自己責任で始めている人にはいいのですが…)

確かに口座数は100万口座以上あるでしょう。
(2017年6月にbitFlyerが「お客様数60万人突破キャンペーン」を実施していたので、他の取引所を含め、口座数は100万口座以上あることは容易に想像できます。)

ですが、ただ口座を開けただけの休眠口座も多く、実際に実稼働しているのはどのくらいあるのかなぁと思ったりします。現在、何事においても二極化が起きているので、億単位の資産額の口座がある一方で、10万円も資産がない口座が多数を占めているのかな、と個人的には考えたりしています。

いずれにせよ、FXは当初、脱税などの問題もあり、レバレッジをかける危ない取引というような広がり方をしましたが、現在は、多くの人に認められ安定しています。仮想通貨は投資だけでなく決済手段でもありますので、FX以上に早いスピードで進化を遂げ、信頼も得ていくのではないかと、個人的には期待しています。

その他、どのように億り人は資産を作ったのか、国内取引所のコインチェックbitbankなども取り上げられていました。

コメントを残す