好きなことをしてお金を稼ぐ。

生き方として理想的です。

本書は、好きなことをお金に変える無限ループ(好きなことをやる→お金になる→稼いだお金をを好きなことに投資をする→お金になる)を回すためにどのようなことをすればいいのかをまとめた本です。タイトルに「心理学」とありますが、心理学よりも、実践に重き置き、無限ループを回すまでに必要なアクションのヒントをまとめた本です。

いくらあったら幸せ?

好きをお金に変えるとありますが、まず、そもそも、あなたいくらあったら幸せになれるか答えられますか?
多くの人は幸せにはお金が欲しいと言いながら、自由になるお金がいくらあったら十分なのか定義できていません。

例えば、貴方は朝、起きがけのいっぱいにモーニングコーヒー1リットルがでてきたらどうでしょう?そんなにいりませんよね。ものには適量がありますが、お金についてはいくらでも欲しがる傾向があります。

稼ぐだけでは幸せにはなれません。あればあるほど欲しくなり負の無限ループから抜け出せなくなります。自分の目標達成に役立つものであることが大事です。「お金」と「幸せ」にもバランスが必要なことを知りましょう。

何に重点的にお金を使うか?無限ループを回すためのステップ

好きなことをお金に変える無限ループ(好きなことをやる→お金になる→稼いだお金をを好きなことに投資をする→お金になる)を回すためには、以下を把握することが大事です。

0.自分が本当に好きなことを見つける
1.好きなことを極めていく
2.好きなことを収入に結び付けていくための工夫をする
3.好きなことで得たお金を再投資する

ただ好きではダメ。好きなことに対し、どんな風に使えば、お金がお金を連れて帰ってきてくれる可能性が高いか。こうした点を踏まえたうえで、選択し、集中することが大事です。

好きをお金に変える

好きをお金に変えるといっても、イメージがつかめない人も多いでしょう。そこで、著者のDaiGoさんとバフェットさんを例に見てみます。

著者DaiGo氏
著者はメンタリストという職業?を自己で開拓した一人。しかし、ブレーク後、パフォーマーとしての仕事を辞め、とにかく好きな「読書」に専念した時期があるそうです。

では好きな読書をどのようにお金に変えたのか?

読書を自己投資とし、得た知識をメンタリストという強みを生かし、心理学としてまとめて一冊の本にする。このようにすることで好きをお金に変えています。

バフェット氏
バフェットにとっての好きなことは「投資」であり、そこで得たお金はまた投資に再投資され、知恵と経験に代わり、投資家としての判断を高めている。

本ブログの読者ならバフェット氏のモデルを追求したいと思っている方多いのではないでしょうか。

資産によって得られた自信は本物の自信ではない

ただ資産を築くだけでは本物の自信は得られません。自分に自信をつけるためにも自己投資が大切。あまりお金に執着をし過ぎると、稼いだお金が減らないように貯金を繰り返し、今、あなたが立っている地点を守ろうとし、変化を嫌うようになってしまいます。これでは自己成長できないし、時代の変化にもついていけず、自由を手に入れることも難しいでしょう。

感想

本書では、自分の好きなことを知るための簡単なテストなど、簡単に「好きをお金に変える」ために今すぐ動き出せる実践方法などが記載されています。

サラリーマンでも副業に従事する方が増えている今、あなたもその一歩を踏み出すべく、本書からヒントを頂いてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す