ビットコイン、50万円を手前に足踏みしてしまいましたね。
8月13日のブログで、上昇ターゲットは50万円と予測していましたが、なかなかいい読みでした。
過去記事 46万円目前のビットコイン。上昇ターゲット価格は?

今後の相場予測の感度を高めるために、予測値の根拠を再掲しておくと、以下のような予測でした。

目下の注目は次のピークのターゲット価格です。

チャート上には以下の2本線を描きました。
・下線:ビットコイン分裂騒動時の安値20.6万円
・上線:ビットコイン分裂騒動前の高値34.5万円

もし、分裂後の上昇が、上記幅の2倍とするなら、ターゲット価格は48万円。
ただし、これまでの傾向で値動きが激しくオーバーシュートも大きいことから、キリよく短期的上昇ターゲット価格は「50万円」と予測してみました。

上記を今の現在のチャートに図で描いてみると以下のようになります。

読みが外れたこと

さて、上昇ターゲットはなかなかよい読みだったのですが、大きく外した読みもあります。

それは、ビットコインの上昇に連れ高そて、時価総額の大きいアルトコインも上昇すると考えていたことです。

しかし、実際は・・・
私の勝手分析であることをお断りの上、考えを述べると、実際はビットコインの上昇に焦った人がアルトコインからビットコインに乗り換え(結果、時価総額の大きめのアルトコインがジワリと下落)したと思われるような動きが起きたました。

また、株式相場の下落やボラティリティの低さに嫌気が挿した株式投資家たちが、新規参入組として仮想通貨の基本のキであるビットコイン(のみ)に流入したのではないかとも分析しています。

う~ん、マーケットは奥が深い。でも、しょせん人間の心理の反映です。上がる、ヤバい、急げ!という心理が作用したことは間違いありません。

そういう状況下においても、ビットコインが50万円を手前に下落しても45万円ぐらいを維持しているのは、驚きです。(一気に地獄の急落もあると思っていましたので)

取引口座を準備し、ここぞというとき投資しよう!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す