仮想通貨の上げ、凄すぎです。

煽るつもりはありませんが、長期的にまだまだ仮想通貨は伸びるだろうと、安値を狙って半年前から投資を始めたブログ管理人chami自身がその上げに、ただただ驚いております。

上げっぷりをチャートで見てみよう

以下はビットコインネムの直近1年間のチャートです。
先月7月半ばのビットコイン分裂不安による大暴落から反転し、恐ろしいまでに急上昇していることがご覧いただけるかと思います。

ビットコイン BTC (直近1年間)
ネム XEM(直近1ヵ月)

私は先月の仮想通貨全般の大暴落時に、最高値から50%以上の値下がりを見せた仮想通貨の中から時価総額の大きいネムとリップルを長期ホールドスタンスで購入しました。

過去記事 仮想通貨が総じて大暴落。1年間の上昇分の60%下落する通貨も…で、買っちゃいました(2017年7月13日)

当然のことながら、1ヵ月を待たずして、ネムの価格は2倍以上に上昇するなど予想だにしていませんでしたので、現状に驚くばかりです。

仮想通貨で「億り人」になられた方々は、このような上昇をもっと前から体験され、今現在も、人より経験値&情報を共にパワーアップさせて投資をされているのでしょうね。投資ではタイミングが重要であることを改めて痛感させられます。

今、この上昇を見て、さて、どう動く?

残念ながらリップルは買値からほとんど変動なく、ネムの上昇を見ていると残念な気持ちになります。しかし、現在急騰している通貨の高値追いで追加投資する勇気もない(というか、私の価格チェック頻度ではやられてしまう)と思いますので、無理をせず、押し目買いスタンスを貫きます。

で、今だうんともすんとも動かないリップルに追加投資をしてみました。

仮想通貨はこれだけ過熱しているように見えて、実際に投資をしている人は1%程度にすぎません。つまり、これから後追いで市場に入ってくる人が多数と考えれば、長期的には「吉と出る」と考えています。

しかし、短期的には吉と出るか、凶と出るか!?  再びしばらく静観してみます。

あなたは、どうする?傍観する?流れに乗る?

投資はあくまで自己責任ですが、もし、あなたもホリエモンのように「仮想通貨バブルは今からが本番、こんなもんじゃないでしょ」(対談記事での発言)と思えるなら、まずは、機動的に動ける環境を作る、つまり、仮想通貨取引所に口座を開設することをお勧めします。

人に先んじるためには行動が必要。
とにかくお金は足が速い。
だからこそ、冷静さを保ちつつ動くときは動かないと置いて行かれます。

私自身、昨年、ぼーっと市場を見守るだけで実投資を行っていなかった期間があることを悔やんでいます。やっぱり、実投資する前と後では、真剣度が異なるため、入ってくる情報量が全く異なります。

ビットコイン国内取引量No.1 birFlyer
チャート分析にはこの口座が必須。
本ページで示したチャートもbitFlyerのもの

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

12種類の仮想通貨を取扱い!coincheck
ビットコイン以上の価格上昇の夢が追える、
アルトコインにも投資したかったら必須の口座

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す