変化の激しいクレジットカード業界。
新規カードが登場する一方、普及に苦労し敗退していくカードも後を絶ちません。
1ヵ月前に、かつて高還元率カードで常にランキング上位に輝いていた漢方スタイルクラブカードが2018年2月にサービスを終了することをお伝えしましたが、今度は「SBIカード」がサービス終了を発表。2018年1月31日をもってサービス終了となります。

SBIカード、親会社の新たなクレジットカード発行に伴いサービス終了

今回、サービス終了の対象となるカードは以下のカード。

サービス終了の理由は、SBIカード株式会社の親会社である住信SBIネット銀行株式会社が新たにクレジットカード「ミライノ カード(MIRAINO CARD)」を発行するため。これに伴い、2017年7月31日からはSBIカードの新規申込み受付を停止します。

SBIポイントなどをお持ちの場合は、サービス終了となる前に消化するなどの処置が必要になります。
以下のページ「3.ポイントについて」に詳細情報があるので、カードをお持ちの場合はご確認下さい。
SBIカード サービス終了に伴うご案内

住信SBIネット銀行の新カード「ミライノ カード」

ミライノ カードは、今秋のリリース予定のカード。ポイント還元率0.5%~1%で、国際ブランドはJCB、最大還元率1%となります。

還元率の観点からはあまり魅力のないカードですが、本カードを持つメリットは、住信SBIネット銀行の振込手数料・ATM手数料無料の優遇が受けられる「スマートプログラム」のランク判定対象となることです。

カードの種類や利用金額により最大で2ランクアップとなり、ランクに応じた優遇が受けられます。ちなみに、ランク4の場合、振込手数料・ATM手数料ともに月最大15回まで無料となります。

クレジットカードは定期的に見直すべき

クレジットカード、定期的に見直していますか?

クレジットカード業界は変化は早いため、新カード登場、従来カードの条件改悪などにより、利用者にとってお得なカードはどんどん変化しています。作ったときは最強カードでも、数年立つと、そうでない可能は大です。

高還元率のカードを利用すれば、普通貯金や定期預金の利息より割のいい利益が得られます。

なお、住信SBIネット銀行の振込手数料・ATM手数料無料の優遇が必要ない場合は、単純に年会費無料で高還元率なカードの方がメリットが大きいと思います。以下の情報を参考に、メリットの高いクレジットカードに乗り換えましょう!
オススメ私がおすすめするクレジットカード2017

コメントを残す