海外に行くなら所有必須のクレジットカード。
銀行で外貨両替するよりも手数料が安いですし、ポイントも貯まるため海外では外貨で買うよりクレジットカードで買う方がお得です。

では具体的にどのぐらいの手数料がかかるのか見ていきましょう。

海外ショッピング時のクレジットカードの手数料

海外でショッピングをした時の請求額は、以下のように決まります。

円建て請求額=(A)現地購入価格×(B)適用為替レート×(1+(C)手数料率)

(B)と(C)は国際ブランドごとに異なります。

購入品の現地価格に対し、カードの国際ブランドが公式発表している基準レートをかけた価格に、手数料(手数料率)が上乗せされ、クレジットカードの請求額となります。手数料率は国際ブランドによって異なります。

国際ブランドによっても手数料率が異なります。

(C)クレジットカード会社の為替手数料

まずは簡単な(C)から。クレジットカード会社の事務手数料は、国際ブランドによって異なります。この手数料が、現金を両替するときに掛かる手数料に相当するものになります。

国際ブランド 為替手数料
VISA 1.63%
MasterCard 1.63%
JCB 1.60%
American Epress 2.00%
Diners Club 1.3%

(B)国際ブランドの適用為替レート

次は(B)の説明です。為替レートは時々刻々と変動しているため、各国際ブランドは、所定金融機関の為替レートに準じる等、一定のルールに基づき決定しています。

ここで注意すべきは、実際に商品購入時に適用される為替レートです。
商品を購入した日ではなく、その決済情報がカード会社に届いた日のレートが適用されます。そのため、タイムラグが2~4日ほど生じることになります。通常はさほど大きな変動はありませんが、為替マーケットが変動した時は注意が必要です。

ちなみに代表的な国際ブランド3社の公式レートは以下になります。

国際ブランド 公式レート
VISA 公式レート
MasterCard 公式レート
JCB 公式レート

絶対ではありませんが、上記をもとに手数料を換算すると master > JCB > VISA となることが多いようです。

この手数料を気にするよりも、カードそのもののポイント還元率を重視するほうが大事です。年会費無料かつ高還元率なクレジットカードを普段からお使いになることをお勧めします。

高還元率カードなら、以下がおすすめです。
リクルートカード 還元率1.2%
楽天カード    還元率1.0%
Yahoo!カード  還元率1.0%

海外出張・旅行中は、為替の動きに敏感になろう!

さて、これまでは、海外でショッピング・キャッシングするならクレジットカードを利用しようと説明してきました。しかし、海外滞在中に一気に為替レートが円安に進んだ場合は話が違ってきます。

例えば、私が2017年6月に欧州出張・旅行に行ったときは、ユーロが4円以上も動きました。この場合、もし、出国直前に両替した現金があるなら、その現金で払った方が最終的な支払金額が安くて済みます。

では、海外滞在中にどんな風に為替レートに敏感になったらいいかですが、スマホにFXアプリなどを入れておくと、レートチェックに便利です。

クレジットカードよりもさらに手数料が安くできる方法を以下にまとめていますので、こちらも合わせてチェックしてください。
過去記事 還元率は1.5%以上で最強!国内・海外両利用可能なプリペードカード「マネパカード」

コメントを残す