ネット銀行の中でNo.1の普通預金金利を誇っていたイオン銀行。
これまで提携する提携クレジットカード「イオンカードセレクト」を所有することで、どの銀行よりも高い優遇金利0.12%での預け入れができていました。

しかし、このイオン銀行普通預金の優遇金利が8月12日から0.10%に引き下げになります。

優遇金利の引き下げは、普通貯金金利幅に引き下げが原因

本引き下げは、正確に説明するなら、通常の普通預金が0.02%から0.001%というメガバンク並みの金利に引き下げられたことが原因です。
これに伴い、イオンカードセレクトの優遇金利も0.12%から0.10%に変更となりました。

とは言っても、他行に比べて高い優遇金利は大手銀行の100倍

上記変更により、8月12日以降、普通預金金利は楽天銀行の優遇金利と並ぶことになります。他に負けているわけではありませんので、当面はこのまま維持で大丈夫です。

むしろ、普段からイオンで買い物をしているのにも関わらず現金払いをしているなら、イオンカードセレクト利用によるポイントやOFFプライスを有効活用し、買い物をお安くすることが大事です。

公式サイト:イオンカードセレクト

銀行名 普通預金金利 普通預金優遇金利 優遇金利の適用条件
楽天銀行 0.02% 0.10% 楽天証券とのマネーブリッジ連携
イオン銀行 0.01% 0.10% クレジットカードイオンカードセレクトの所有