ビットコインの分裂騒動ですが、刻々と状況が変化しております。

Bitcoin口座をお持ちの方ならご存知と思いますが、7月21日、仮想通貨業者から、8月1日に予期されるビットコイン分岐危機とは別に、7月23日にもビットコインのソフトウォーク(分岐)が発生するため、一時的に取引を停止するというお知らせがにありました。

7月23日に生じる分岐(ソフトフォーク)

以下は、日本仮想通貨事業者協会ホームページの記事です。

7月23日に生じる分岐(ソフトフォーク)への対応
ソフトフォークの発生に合わせて、ビットコインの受け入れ及び引出受付の停止を行います。停止はソフトフォークの発生前に行うこととし、その日時については各会員の判断により行うこととします。
お客様への停止の予告については、会員各社のホームページあるいはお客様へのメール等の連絡手段を通じて行いますが、予告から停止となる時刻まで十分な時間が設けられない可能性がありますので、ご注意ください。

同種の連絡は、日本仮想通貨事業者協会に属するcoincheck(コインチェック)からも連絡がありました。日本仮想通貨事業者協会にはbitFlyer(ビットフライヤー)以外の仮想通貨業者が加盟しています。

coincheckからは、利用者の資産を保護するため、日本時間2017年7月23日 正午12:00から、ビットコインの入出金、また決済機能を一時停止するとの連絡がありました。

予告なく時間が前後する可能性があるとのことですので、直前までの取引はやめましょう。

8月1日に生じる分岐(ハードウォーク)

7月23日に発生する分岐に続き、8月1日にはハードフォークによる分岐が予想されています。

このハードフォークにより、既存のブロックチェーンでは引き続きビットコインが取り扱われる一方、新たに形成されるブロックチェーンでは、ビットコインキャッシュと命名される予定の新しい仮想通貨が取り扱われることが計画されています。

新たに形成されるブロックチェーンにおいては、ビットコインと同数のビットコインキャッシュが新たに発生することになります。

新たに発行されたビットコインキャッシュの保有者が誰になるかは仮想通貨業者とユーザとの間の契約に基づき決定されるとされているため、ご自身の利用する仮想通貨取引所の通貨取扱いの行方をしっかり確認しましょう。

さて、私の仮想通貨口座はどうしよう?

私は現在、2つの仮想通貨口座を所有し、資金管理をしています。
bitFlyer(ビットフライヤー)Bitcoinを所有
coincheck(コインチェック)Bitcoin、Ripple、NEMを所有

ビットコイン国内取引量No.1 birFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
12種類の仮想通貨を取扱い!coincheck
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

先週の騒動では、結局、売却も追加購入することもなく静観。その間、口座資産は市場価格に流されるまま大荒れ状態でした。しかし、現在の合計資産高はこれまでの最大となっています。

7月23日の取引停止で何が起こるか、また、ヤキモキすることになりそうです。