変化の激しいクレジットカード業界。
新規カードが登場する一方で、カード改悪が続き、衰退していくカードも。こんな競争に敗れたカードがまた一つ出てしまいました。

高還元率カードとしてクレジットカードランキングに上位ランキングしていた「KAMPO STYLE CLUB CARD(漢方スタイルクラブカード)」が来年2月末でサービスを終了。2018年3月1日より「Reader’s Card(リーダーズカード)」に切り替えです。

漢方スタイルクラブカードをいまだ所有している私のもとには、数日前、上記を告げるお知らせハガキが届きました。

「KAMPO STYLE CLUB CARD(漢方スタイルクラブカード)、改悪を経て、サービスを終了

漢方スタイルクラブカードはかつては高還元率カードランキングで常に上位を獲得していたカードですが、2015年以降、中堅&1.5%以上の高還元率カード群が相次いで改悪を実施。同時期に改悪を行ったカードには、漢方スタイルクラブカード、リーダーズカード、REXカード、SBIカードなどがありますが、顧客離れも進行しました。

そして、ついに、2018年2月にサービスが終了で、2018年3月1日より「Reader’s Card(リーダーズカード)」に切り替えです。カード業界の競争は激しいですね。

切り替え後の年会費とポイント

リーダーズカードへ切り替え後の年会費、ポイントがどうなるのか、カードホルダーには気になるところです。
年会費
年会費は、カードショッピングの年間利用額により異なります。
年間利用額が30万円以上の場合:無料
年間利用額が30万円未満の場合:本会員は2,500円(税別)、
               家族会員は1名あたり400円(税別)
               
ポイント
2018年2月請求分まではKAMPO STYLE CLUBポイント
2018年3月ご請求分からはReader’s Cardポイント が付与される。

なお、KAMPO STYLE CLUBポイントの最終引き換え日は2018年2月28日となり、以降はKAMPO STYLE CLUBポイントの残高を5倍にしたポイント数が、Reader’s Cardポイントとなります。

Reader’s Cardポイントは、利用額1,000円につき、以下のように付与されます。
回数指定払い      :11ポイント
リボ払い        :14ポイント
nanacoクレジットチャージ:3ポイント

ポイント交換は、3,500ポイントをJデポ4,000円分、Gポイント4,000ポイント、ANA2,400マイルのいずれかに交換可能。

KAMPO STYLE CLUBポイントの最終引き換え日は2018年2月28日となり、以降はKAMPO STYLE CLUBポイントの残高を5倍にし、Reader’s Cardポイントへ移行する。

クレジットカードは定期的に見直すべき

クレジットカード、定期的に見直していますか?

クレジットカード業界は変化は早いため、新カード登場、従来カードの条件改悪などにより、利用者にとってお得なカードはどんどん変化しています。作ったときは最強カードでも、数年立つと、そうでない可能は大です。

高還元率のカードを利用すれば、普通貯金や定期預金の利息より割のいい利益が得られます。
賢い消費者となり、必要品の購入は積極的に高還元率クレジットカードを使い、お得にお買い物をしましょう。

高還元率カードに乗り換えて得をしよう!
   オススメ私がおすすめするクレジットカード2017

コメントを残す