海外に出かけるとき必須ともいえるクレジットカード
今やショッピング、ホテル宿泊の支払いはもちろんのこと、数百円相当の電車代すらクレジットカードで支払いが可能です。

日本で知名度の高い国際ブランドカードといえばJCB(Japan Credit Bureau)。海外で使えるでしょうか?
結論から言うと、「使えない店・サービスも多い」のが現状です。

今回の海外旅行に際し、ホテル宿泊、飛行機、電車、人気観光スポットのWeb予約を出発前に行うため、各種サイトでクレジットカード決済を行いましたが、多くの場合、JCBカードは使えませんでした。私の個人的印象ですが、ヨーロッパの決済には弱いです。

JCBは加盟店を徐々に増やしてはいますが、海外出国時にJCBカードしか持っていないと支払いができず困ることになります。

なぜ、JSBは海外で使えないことが多い?

世界で使えるカードかどうかを知る判断材料の一つが、国際ブランドの売上げシェアです。売上シェアが高ければ、加盟店、利用者の両方から支持されており、利用価値が高いカードと言えます。
JCBは日本国内ではVISA、MasterCard以上に加盟店が多いですが、海外を含めた加盟店数はVISA、MasterCardに及びません。それゆえ、下表の国際ブランドTOP5の売上高のランキングの結果の通り、JCBは圧倒的にVISA,MasterCardに圧倒的な差をつけられております。

クレジット売上高世界シェア(2015年調査)

順位 カード シェア 加盟店数
1位

VISA 58% 4000万店舗以上
2位 MasterCard 28% 4000万店舗以上
3位 中国銀嶺 10% 1000万店舗以上
4位 Amex 3% 2000万店舗以上
5位 JCB 1% 2000万店舗以上

海外渡航時にJCBカードしか携帯しないのは危険。年会費無料&高還元率のカードを作ろう

JCBカードは、現在、加盟店を増やしているものの、まだまだか海外では弱く、カード利用ができないということが多分に起こります。故、メインカードがJCBの方も、VISAかMasterCardも一緒に携帯することが必須となります。

では、新たにクレジットカードを作る場合、どうしたらよいでしょうか?

そんな方にオススメしたいのが、年会費無料ながら、高還元率でポイントもたまりやすいカードを持つことです。年会費を払う必要がないので、気軽に作れますし、利用額の大きくなりがちな海外旅行で使用すれば、ポイントもためやすいというメリットがあります。国際ブランドに迷うなら、売上高シェアの大きい「VISA」を選びましょう。

年会費無料&高還元率なオススメカード2017年

具体的にオススメするのは以下の3つのカードです。

私自身、出張の場合、一枚のメインカードだけでは与信枠が不足することがあります。また、海外出張・旅行をする場合、海外では弱いJCB提携カードのみでは不安があります。そこで、以下の年会費無料カードでJCB・Master・VISA、合計でのカード利用可能額を拡大。それぞれの強みを活かし支払をしています。

リクルートカード:還元率1.2%、pontaポイント
年会費無料のクレジットカードの中で最も還元率が高いのがリクルートカード(還元率1.2%)。カード利用でたまるリクルートポイントはPontaポイントに変換できます。nanacoチャージでもポイントが貯まるので、ポイント二重取りも可能です。
詳細:リクルートカード
楽天カード:還元率1.0%、楽天ポイント
年会費無料ながら還元率1.0%でポイントが貯まりやすいカードです。ポイントは楽天市場の買い物やTOHOシネマの支払いで利用しています。
詳細:楽天カード
Yahoo Japan カード:還元率1.0%、Tポイント
楽天カード同様、還元率1.0%でポイントが貯まりやすいカードで、Tポイントがたまります。貯まったポイントは、ファミリーマートでのショッピングか、ソフトバンクの支払いに充てています。
詳細:Yahooカード