チャート分析には様々な手法がありますが、その一つである「一目均衡表」

最も代表的な分析法には、移動平均線やトレンドラインがありますが、ここからもう一歩進んだ相場分析にオススメしたいのが「一目均衡表」であり、私個人においても、最も重要視するチャート分析手法で、相場予測にも使える非常に有益なインジケーターです。

多くの人が重要視する指標なだけに、投資家心理にも影響を与え、値動きにも反映(相場の反転、加速)されることが多いため、是非、活用したい指標です。
ただ、初心者には利用が難しいのも事実。
そこで、基本的な意味を理解したうえで、簡単に分析に活かす方法についてご紹介します。

一目均衡表の基本

一目均衡表は「基準線」「転換線」「遅行スパン」「先行スパン1」「先行スパン2」の5本の線で構成されます。

基準線   :過去26日間の最高値と最安値を2で割ったもの
転換線   :過去9日間の最高値と最安値を2で割ったもの
遅行スパン :当日までの値動きを26日間遡って表示
先行スパン1:基準線と転換線を2で割り26日先に表示
先行スパン2:過去52日間の最高値と最安値を2で割り26日先に表示
雲     :先行スパン1と先行スパン2に挟まれた領域

上記のように説明されても、よくわかりませんよね。
少し乱暴ですが手っ取り早く、どう活用すればいいかを以下で簡単に説明します。

先行スパン:抵抗線もしくは支持線として機能

上述した通り、先行スパン1と先行スパン2に挟まれた領域は「雲」と呼ばれます。
雲と株価を見たとき、以下のように位置づけられます。

 株価が雲のにいれば強気
 株価が雲のにいれば弱気
 株価が雲の中にいればどちらに抜けるか注目

また、雲の上限/下限は抵抗線もしくは支持線として機能します。つまり、株価が雲の上限/下限とぶつかったときは、反転しやすいですし、上限/下限を勢いよく抜けると動きが加速しやすくなります。

基準線/転換線:移動平均線のようなもの

基準線転換線は、それぞれ、過去26日間、9日間の最高値と最安値を2で割ったものですが、乱暴に簡略化して説明すれば、移動平均線のようなものです。

 基準線=長期移動平均線のようなもの
 転換線=短期移動平均線のようなもの

二つの線のクロスする点をゴールデンクロス、デッドクロスとして、投資開始ポイントとする売買方法もあります。

遅行スパン:

遅行スパンは単純に値動きを26日間さかのぼって表示しただけのものです。しかし、相場を予測できる非常に重要な線です。遅行スパンを使うと、相場がこれから上がっていくのか、下がっていくのかが見えるようになります。

もっとも簡単なのは、以下の指標判断です。

現在値が遅行スパンより下にある場合、買い・強気
現在値が遅行スパンより上にある場合、売り・弱気
現在値が遅行スパンと絡みあっている場合、持ち合い

さらに大事なのが、遅行スパンがローソク足とぶつかりそうになるタイミングです。
ローソク足にぶつかりそうになると、クロスしないようにはじかれる方向に相場が動くことが多々あります。一方、クロスしてしまうと、相場の反転が見られることが多々あります。

私は、このクロスしそうな時期は非常に相場動向に注視しています。

一目均衡表をより簡単にしたスパンモデル

一目均衡表は上述の通り、5本の線がありますが、ちょっと複雑に見えるのが正直なところです。
そんな方にも使いやすいように、3本の線だけに簡略化して相場を読む手法があります。

それは、通称マーフィーこと、柾木利彦(まさき としひこ)氏スパンモデルです。

以下のか過去記事で詳細を詳しく説明しているので、是非、ご確認ください。
要Check! 一目均衡表を活かした投資判断が簡単にできる「スパンモデル」
要Check! スパンモデルによる売買判断をより強固にする「スーパーボリンジャー」

“一目均衡表は投資に役立つ優れたインジケーター~使い方はこうだ!” への1件のコメント

コメントを残す