TOEIC●点以上でないと昇進できない企業が増えつつある中、仕事で使う使わないにかかわらず、必要なスキル「英語力」。しかし、そのスキルアップに難儀している方は多いのではないでしょうか。

本書は、日本テレビ系「世界一受けたい授業」で紹介されるなど、TVでも話題になっている「3語の英語」の指南書です。

著者は日本人が犯しがち間違いとして、日本語をそのまま英語に変換してしまおうとするところにあるといいます。結果、文章が長く難しくなり、そのために文章に誤りが出やすくなってしまうのです。しかし、3語で表現すると、「結論がすぐに伝わり」「組み立てやすいので誤りが減り」「コミュニケーションスピードがアップ」します。

例)
× My job is an English teacher.
○ I teach English.

必要なのは「主語・動詞・目的語(S+V+))」の3語だけなのです。新しい文法、単語、構文の暗記も必要ありません。
「短い」英語が知的でスマート!です。是非、本書でそのテクニックを学びましょう!

「3語の英語」は「あらゆる文を「誰が(または何が)、何を、する」」で組み立てる

そもそも日本人の英語が伝わらない理由はなんでしょうか?

日本人は、「~です」という表現が好きなど、日本人の組み立てる英語にはある特徴があります。
・be動詞を使いすぎる
・イディオムにこだわる
・漢字表現を英語にする(複雑な文になる)
・あいまいな主語、あいまいな言い切り

しかし、大切なのは、あらゆる文を「誰が(または何が)、何を、する」に組み立てることです。能動態でなく、短く力強い能動態で表現します。

そのために、「4つの主語」と「基本動詞・応用動詞」にプラスして、微妙なニュアンスの調整を時制、助動詞、副詞etcでプラスする。常にシンプルに構成し、複雑な構文は意識して避けましょう。著者曰く、9割の英語は「5パターン」で伝えられるそうです。

日本人が陥りやすい間違い例

×は、日本人に多い「正しいが、伝わりにくい英語」、〇はシンプル3語英語の例です。

× It is impossible for me to take this job. →文が長く、冗長
〇 I can’t take this job.

× There is a problem. →他人事のような印象を与える
〇 We have a problem.

× I found his plan attractive. →構文が複雑で、文法的に誤りやすい
〇 I like his plan.

× He makes use of information on the Internet.→イディオムのせいで、文が長い
〇 He uses information on the Internet.

× English can be used by anyone. →受動態は語数が多く、弱い印象を与える
〇 Anyone can use English.

× It is surprising that he refused the manager’s proposal.
〇 Surprisingly, he refused the manager’s proposal. →副詞利用で表現をシンプルに

チョコレート、あるよ~
× There is chocolate. →日本人が好きな「ある」「いる」表現
〇 You can have some chocolate.
〇 I have some chocolate (for you).
〇 You’ll find chocolate on the table.

コメントを残す