2017年3月にハードフォーク問題再燃で100000円台に急落したビットイン
急落時はさらに下落するのではと不安もありましたが、2ヵ月も経たずして50000円以上上昇し、ついに過去の最高値 152499円を突破し、160000円超えを達成しました。

私は 2017年3月の急落時に初めてbitcoinのポジションを持ちましたが、2ヵ月弱で35%の含み益が出ています。下落するときのスピードも驚異的ですが、上昇時のスピードも驚異的です。

(追記)
20171年5月5日現在 過去最高値突破後、さらに上昇し185000円をつけています。

ビットコイン円 BTC/JPY をチャートチェック

以下は、ビットコインBTC/JPYの週足チャートです。

過去最高値150000円を3回目にして突破。その後、5日目で185000円まで上昇してきています。私がポジションを持ったのは3月の急落時ですが、その後2ヵ月をせずして、投資額の50%に当たる利益が出てきました。

 週足チャート

今現在は、まだまだビットコインの取引をしている人の割合は少ないと思います。ビットコインは値動きが激しいため、いきなり大きな資金を投資できる投資先とは言えませんが、ビットコインの将来の可能性を感じますし、面白い投資先だと個人的には思っています。

ただ、ビットコインはぼやぼやしていると、どんどん値が動いていくので、トレンドに乗り遅れます。事実、私自身、ぼやぼやしていて何度も投資タイミングを逃しました。

今、投資チャンスかも!と思ってから口座を開設しても間に合わないと思うので、ビットコインにご興味をお持ちなら、連休というタイミングを利用して、投資環境を作られておくことをお勧めします。

なお、利用者の少ないビットコイン業者で取引すると、約定したいときに約定できないという問題が起こり得ますので、日本で最も取引量の多いBitFlyerで口座開設されることをお勧めします。口座開設自体は簡単です。

bitFlyer口座開設の流れ

口座開設は簡単3ステップ。画面に沿って答えていくだけです。
0. bitFlyerホームページにアクセス
1. ご本人情報登録(姓・名・性別・生年月日、住所、電話番号)
2. 銀行口座情報の登録
3. ご本人確認資料の提出

注意点は一つ。アカウントが、スタンバイクラスからファーストクラスまで6種類ありますが、自由に取引できるアカウントを用意しておこうとすると、「ビジネスクラス」で口座を開設する必要があることぐらいです。

 提出書類

証明書の提出は以下が必要です。

A.免許証 / パスポート / 外国人登録証明  / マイナンバーカード
 のいずれかと
B.ID セルフィー(上記の書類とご本人が一緒に写っている写真)

例えば、免許証の場合は、免許証の表面と裏面、さらに以下のような免許証と一緒に写った写真の合計3枚が必要です。簡単にオンラインアップロードできます。

bitFlyer詳細

bitfliyer_card01
IDと一緒のセルセルフ写真を用意しよう

コメントを残す