朝鮮半島で起こる地政学リスク等を原因に大きく下げたドル円
Brexit直後の安値からトランプラリー最高値の間の上昇分の半値押し&200日移動平均線にも到達。
一方、日経平均は、トランプラリー上昇分の38.2%押しを達成。

いずれも、いったんは反発しやすい状況下にありましたが、実際に反発したか振り返ります。

ドル円は反発

以下はドル円日足チャート。
チャート上に以下の表示を描き加えたものです。
・一目均衡表
・200日移動平均線(緑線

一旦は、反発していますね。来週も、反発を継続できるかがポイントです。

要check! 最短5分で口座開設完了でもれなく500円もらえる!

日経平均も反発

以下は日経平均日足チャート。
チャート上に以下の表示を描き加えたものです。
・一目均衡表
・200日移動平均線(赤線
・2016年6月のBrexitショック時の安値 とトランプラリー最高値 のフィボナッチ(青線

日経平均も一旦反発。来週末、GWに突入、さらにSell in Mayの5月に突入する中で、株価が維持できるかが注目されます。
過去記事 5月のFXアノマリー:「Sell in May」に続く言葉とは・・・

コメントを残す