高金利通貨トルコリラの行方を判断する上で、重要なイベントであった「国民投票」

エルドアン大統領に行政権限を集中させる憲法改正案は賛成過半数で勝利。
エルドアン大統領は、閣僚の任命や非常事態令の発令の権限のほか、司法にも影響力をもち、名実ともに絶大な権力を握ることになるものの、政治情勢が不安定化する解散総選挙などのリスクが後退。
結果、トルコリラの下落も限定的で、反発力は弱いものの二番底から上昇してきました。

トルコリラ円日足チャート

要check! 口座開設でもれなく500円もらえる!

現在の為替水準は、長期的には絶好の「買い場」と考える

ただし、底値であることは変わりません。私は、この水準は長期的にみると、日々の金利を得ながら投資をするうえで絶好の買い場となるのではないかと考えています。

例えば、私の運用口座の場合、1万通貨毎に82円の金利がつくため、10万通貨保有すれば、
 毎月:82円×30日×10枚=24,600円
 年間:82円×365日×10枚=299,300円

金利収入が得られます。

ただし、油断は禁物ですので、29円を割ることも考慮しつつ、25円以下に下落してもよいように資金管理しています。

要check! スプレッド極狭、スワップ金利1日82円のオススメFX会社

トルコリラ円週足チャート

コメントを残す