朝鮮半島の地政学リスク、フランスの大統領選挙で下げ相場が続いた先週から一転。
今週は、相場が一気にリスクオンとなりましたね。日本株、ドル円とも大きく上昇しています。

ドル円をチャックしてみよう

ドル円は、2016年のBrexit後の底値からトランプラリーの最高値の間の半値押し、かつ200日移動平均線の水準から急速に反転。111円ミドルまで一気に上昇をしてきています。

 スマホアプリにも自動トレンドライン機能がありとても便利!
今年になってからの変動値幅は既に10円強。200日移動平均&半値押しがかなり強いサポートラインとして働く可能性があることを考えると、今年の値幅分は既に変動したのではないかな、と思っています。
フランス大統領選、北朝鮮問題、まだ100%安心できるとは言えないものの、ここからは押し目買いでしょうか。

日経平均も一気に上昇

以下は、日経平均日足チャートです。
日経平均も一気に上昇しており、もう少しで一目均衡表の雲の下限、また、遅行線が実線とクロスするところに来ており、チャート形状的にはいったん下落してもおかしくない状況となっています。

これだけ急に反転すると、日中相場に張り付きで投資ができないビジネスマンにとっては、投資チャンスをつかむのが非常に難しいですね。

一目均衡表を活かした投資判断が簡単にできる「スパンモデル」を学ぼう!

コメントを残す