マネーパートナーズ(マネパ)が、トルコリラ/円が歴史的安値の今、トルコリラ円の取扱いを始めます。

取扱い開始日は2017年5月8日。スプレッドは原則固定の3.8銭。これまで国内最狭だったのはSBIFX Tradeの4.8銭でしたが、これよりさらに1.0銭低く、有利!スワップ金利もSBIFX Tradeより高く、91円です!

取扱業者が増えている、トルコリラ円の魅力は高金利

最近、マイナー通貨であるトルコリラ円を扱う業者が増えつつあります。

FXトレーダーに人気の高金利通貨トルコリラ
政策金利8%という高い金利が人気の理由ですが、長期に渡り下落基調が続き、2017年1月には歴史的安値29.05まで下落しました。
私自身は、30円台を割り込んだ水準は、後で振り返れば「絶好の買い場だった!」という可能性が高いのでは考え、これまで買いポジションを増やしてきています。

2017年4月には、国民投票を前に歴史的最安値29円台に再びに下落してきましたが、ここにきて底打ちをした感があります。


    各国政策金利
    ブラジル 13.00%
    トルコ  8.00%
    南ア   7.00%
    NZ   1.75%
    豪州   1.50%
    日本   0.1%

セカンド通貨ペアとして、分散投資に役立つトルコリラ

トルコリラ円は上述の通り、最安値圏。アベノミクスラリーと同時に上昇してしまったドル円、クロス円通貨と異なり、値動きが異なるため、セカンド通貨ペアとして分散投資が可能です。
また、現在は、最安値圏に位置するため、少ない証拠金で取引が可能です。

取引開始前のマネーパートナーズの場合、スプレッドは原則3.8銭と国内最安。現在、スワップ金利もSBIFX Tradeより高く、91円です!
現在のスワップ金利が続けば、1万通貨買って保有し続けると、10日で910円、1ヶ月で2730円、1年で33215円のスワップ金利は大きいですよね。


トルコリラ投資を始める際の、最有力FX会社です。

トルコリラ円 オススメFX会社 ランキング

トルコリラ円が取引できるFX業者は限られています。
1万通貨当たり/日のスワップポイント、および、スプレッド(手数料)、口座の使いやすさ、その他サービスなどを総合的に鑑み、オススメできる口座をまとめました。

  1. スプレッド3.8銭で最狭!スワップ金利も最高水準!マネーパートナーズ

    マネーパートナーズ
    FX会社 マネーパートナーズ
    スワップ金利 91円
    スプレッド(手数料) 3.8銭原則固定
    取引単位 1万通貨
    取扱い通貨 1⑨通貨ペア
    マネーパートナーズは、業界No.1の「約定力」をはじめ「安全性」「情報量」「ツール」「サポート」に定評があるFX会社。FX初心者から上級者まで幅広い人に対応していますが、特に指標発表時等のハイリスクハイリターンなタイミングでも積極的にトレードがしたいという中・上級者から支持されています。トルコリラの取引条件(スワップ金利、スプレッド)も非常によいです。
  2. メインFX口座としても使えるSBIFXトレード

    SBIFXトレード
    FX会社 SBIFXトレード
    スワップ金利 買82円
    スプレッド(手数料) 4.8銭原則固定
    取引単位 1通貨
    取扱い通貨 26通貨ペア
    2016年11月にトルコリラ円の取扱が始まったSBIFXトレード
    トルコリラ円のスワップ金利が82円と高めであるだけでなく、スプレッドが原則4.8銭固定と極狭なのが、第一位にした理由です。
    トルコリラ円だけでなく、ドル円のスプレッド原則0.27銭を筆頭に、全ての通貨のスワップが小さいので、ドル円・ユーロドルをメイン取引としながら、その傍らでマイナー通貨のトルコドル円の取引をするのにも適しています。
    また、取引単位が他社が1千通貨からなのが、当社は1通貨から取引可能。小ロットポジションを持つにも適しています。
  3. FXだけじゃない、様々な優待サービスが受けられるセントラル短資FX

    FX会社 セントラル短資FX
    スワップ金利 買85円
    スプレッド(手数料) 8.0~18.0銭
    取引単位 1000通貨
    取扱い通貨 24通貨ペア
    純粋にトルコリラ円のスワップ金利が最高水準でオススメ。
    取引スタイルに合わせ、3つのFX口座を使い分けられるというメリットもあります。

     FXダイレクトプラス
    短期売買も中長期スワップ運用もバランスよくしたい派向き
     セントラルミラートレーダー
    自動売買で効率よく取引したい派向き
     ウルトラFX
    短期売買でスピーディーな取引がしたい派向き

    また、取引せずとも口座を持つだけで優待が受けられる「クラブオフ」にも自動加入ができ、国内外宿泊、レジャー、スポーツ、ショッピングなど、全国20万カ所で優待価格が受けられます。
    このサービスを受けられる権利を得るだけでも、口座を開設する価値ありです。
    過去記事 優待で得をする「セントラル短資FX クラブオフ」

  4. MT4ユーザならOANDA Japan

    FX会社 OANDA Japan
    スワップ金利 買70円
    スプレッド(手数料) 8.0銭
    取引単位 1通貨
    取扱い通貨 72通貨ペア
    OANDA Japanは1996年から世界の投資家に利用されているFX会社。日本では2004年からサービスを開始しています。

    そんなOANDA Japanの魅力は、スプレッドが業界最安値水準で、かつ、MetaTraderにも対応した業者であること。MetaTrader対応なので、トラリピ系EAを利用して、トルコリラのコツコツ投資も可能です・

    また、世界の投資家がどのような売買をしようとしているのか、といった投資家の手の内がわかるオープンオーダーとオープンポジションのデータを公開してることです。大よそのトレンドを見ながらトレードができます。
    過去記事 世界の投資家の手の内が見れる!OANDAのオープンオーダー/オープンポジション

  5. (番外)トラリピでコツコツ投資!マネースクウェア・ジャパン

    >
    FX会社 マネースクウェア・ジャパン
    スワップ金利 買57円
    スプレッド(手数料) 1万通貨当たり300円
    取引単位 1000通貨
    取扱い通貨 11通貨ペア
本家トラップリピートイフダン取引で、コツコツ売買が可能マネースクウェア・ジャパン
正直、売買毎に発生する取引手数料は高い!と言わざるを得ません。
しかし、MetaTraderを使った自動売買取引環境を自分では構築できないという方は、簡単にトラップの設定が可能な本家に限ります。一度設定してしまえば、相場を24時間チェックせずともコツコツ取引を積み重ねてくれるのは、大きなメリットです。

コメントを残す