株式チャートで今後を占う際に重要視される「200日移動平均線」

一般的に移動平均線は、トレンドの方向性を見るために利用されますが、日足では5日/25日/75日/200日の移動平均線がよく利用されます。

中でも200日移動平均線は長期トレンドを見るうえで重要ですが、これら移動平均線を投資判断に利用する際、どう活用すればよいのでしょうか?

5/25/75/200日移動平均線が示す意味

時間軸の異なる移動平均線は、それぞれ以下の意味を持ち、各時間軸ごとにトレンドの方向を見る指標となります。

5日線:過去1週間の平均価格
25日線:約1ヵ月の平均価格
75日線:約3ヵ月の平均価格
200日線:約1年の終値の平均価格

上記を理解した上で、移動平均線と株価の位置関係を見れば、大よその投資家の損益状況もわかってきます。

例えば、5日移動平均線の向きが上向きで株価が5日移動平均線よりも上に位置している場合、過去5日間に購入した投資家の多くは利益が出ているとみることができます。

これらの移動平均線は、株価が移動平均線とクロスする際、抵抗線としても働きやすく、反発・反転ポイントとなりやすい傾向にあり、完全クロスし上昇/下落する場合は、相場が加速するため注意が必要です。

なぜ、200日移動平均線は重要なのか?

上記で記載した通り、200日移動平均線は約1年間の平均価格です。つまり、1年間を通じてどういう傾向があったかの軌跡です。経済の先行指標でもある株価の場合は、この先の経済・政権を占う意味も持ちます。

200日移動平均線のチャート表示にはStockCharts.comが便利

では、200日移動平均線をチャート表示したい場合、どうすればいいでしょうか?

200日移動平均線を簡単に表示した場合は、StockCharts.com(ストックチャーツ・ドットコム)が便利です。英語サイトですが、株価指数や個別株のチャートを調べたいとき、非常に役立ちます。

StockCharts.comでのチャート表示の仕方

調べたい株式指数や個別株式のティッカー・シンボル(=日本でいえば、「銘柄コード」に相当するもの)を入力すれば、チャートが表示されます。

代表的なティッカー・シンボルは以下になります。
$NIKK :日経平均
$INDU :ダウ30
$SPX :S&P500指数

例えば、日経平均の場合は、$NIKKで検索し、該当リンクをクリックするとチャートが表示されます。

200日移動平均線を表示したい場合は、チャート下にある設定欄で以下のように設定を行います。
※画像の「黄色マーカー」の部分

 Chart Attributesの設定
 Periodのプルダウンで「Daily」を選択
 Overlaysの設定
 プルダウンから「Simple Moving Avg」を選択の上、Parameters欄に「200」を入力

【参考】松崎美子氏推薦!鉄板 200週線

ブログ「ロンドンFX」で知られる松崎美子氏推薦の鉄板200週線の情報は、以下ページてご確認下さい。

コメントを残す